日向族と出雲族に分けられた双子の物語

宗像三女神の長女タキリビメとオオナムジの間に生まれた子供たちについて詳しく触れておきましょう。

長男のアヂスキタカヒコネは、後に日向族の神武を助けたことにより、タケツノミ(八咫烏)あるいは迦毛大御神とされ賀茂氏の始祖となったと思われることは既に述べました。

ところが面白いことに、アヂスキタカヒコネには双子(たぶん一卵性双生児)の兄か弟がいた可能性が高いんですね。それがアメノワカヒコです。
古代の日本においては、双子は忌み嫌われ、生まれた後に分けるという風習があったそうなんですね。中立系のタキリビメとオオナムジの間に生まれた双子ですから、一人は出雲族系に、もう一人は日向族系に分けられたと見るのが妥当です。

どちらがどっちだったかは、『古事記』に書かれています。本当かどうかは知りませんが、アメノワカヒコが日向系で、アヂスキタカヒコネは出雲系として描かれているんですね。アメノワカヒコは、タカミムスビこと日向族の高木神に、出雲攻略を申し付かります。ところが、攻略するつもりが逆に出雲族に取り込まれて、何とタキリビメとオオナムジの間に生まれたアヂスキタカヒコネの妹シタテルヒメと懇ろになって結ばれてしまうんです。

それを聞いて、「えっ」と思われますよね。

もしアヂスキタカヒコネとアメノワカヒコが双子だったら、それって兄と妹の結婚となってしまいます。どう考えても、近親婚です。しかしおかしなことに『古事記』では、この段階でアヂスキタカヒコネとアメノワカヒコが容姿が瓜二つであることは全く触れられていないんですね。二人の容姿が全く同じであることは、アメノワカヒコの葬儀の場面でようやく明かされます。妹の夫が死んだので葬儀に参列したアヂスキタカヒコネが、死んだアメノワカヒコと間違われてしまう場面があるんですね。

ということは、『古事記』編纂者は、アヂスキタカヒコネとアメノワカヒコが双子であることを伏せておきたかったということが推察されるわけです。だから「何と、シタテルヒメが結婚した相手は兄のアヂスキタカヒコネと同じ容姿の男性でした。そんな偶然ってあるのね」という感じで、わざととぼけて読者を煙に巻いているんですね。

ところが、二人が双子であることを知っていると、なぜ突如アメノワカヒコが出雲攻略に選ばれたかがよくわかるんですね。
高木神はもちろん、日向族の子として育てられたアメノワカヒコが、タキリビメとオオナムジの子であることを知っていたわけです。利用価値は大きいです。アメノワカヒコを出雲族の元へ派遣すれば、出雲国を日向族の都合のいいように操作できるかもしれないと考えたとしても不思議ではありませんね。

しかしながら、その作戦は見事に失敗します。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR