月とスズメ

前回は太陽とカラスがテーマでしたが、今回ご紹介するのは月とスズメです。

午前8時ごろ、いつものように大賑わいのスズメたちの頭上に月が見えたので、ツーショットの撮影を試みました。

スズメたちはせわしなく飛び回るので、なかなか月と一緒にフレームに収まりませんが、ようやく何枚か一緒に撮ることができました。
そのうちの一枚です。

IMGP5083-1.jpg

2月13日の撮影で、もうすぐ二十六夜という感じの月ですね。
鳥も舟形の白い月も西の空もすべて易の兌(沢)を表します。数字で言うと2。コミュニケーションの湖です。
これを2と2の卦と読めば、兌為沢、楽しいものという意味になります。

ちなみに昨日の太陽とカラスを易で読み解くと、太陽は乾(天)。リーダーシップを表します。数字は1。鳥は兌で数字の2。太陽の火は熱意の離(火)。数字は3です。火の勢いがあまりない夕陽なので、1と2の卦とみて、沢天かい、決断の時という意味であると解釈することができます。仮に火が強調されれば、3と2の卦とみて沢火革、変革と読めます。

このように偶然切り取った写真から、易占いをすることもできます。偶然は神ですから、こうした何気ない占いにも意味があるのかもしれませんね。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR