平安京造営の背後にいた賀茂氏と秦氏

和気清麻呂の建議などにより桓武天皇によって長岡京からの遷都が決まった平安京ですが、その真の造営者は秦氏と賀茂氏だったのではないかと私はみています。賀茂氏と言えば、大国主ことオオナムジの直系とされる氏族(アヂスキタカヒコネ・八咫烏系)。秦氏と言えば、秦の帝室の後裔ともいわれている弓月君を祖とする渡来系の氏族です。正統竹内文書の口伝継承者竹内氏によるとオオナムジは古代ユダヤ人であった可能性があり、弓月君も古代ユダヤ人説があるいわくつきの人物です。つまりどちらも古代ユダヤとかかわりのある氏族であった可能性があるんですね。

後にその賀茂氏から古代ユダヤの数秘術を彷彿とさせる陰陽道が生まれ、陰陽道の流れから平安時代に安倍晴明が登場します。この陰陽師たちこそ、平安京にタカミムスビに基づくエネルギーの導線を引いたシャーマン的な技術者であったと私は考えています。

その証拠はたくさんあります。例えば、平安京造営に利用されたとみられる比叡山、愛宕山、大文字山、嵐山、船山を結ぶと、綺麗な五芒星が出来上がります。五芒星と言えば、安倍晴明のトレードマークでしたね。船岡山や甘南備山を使った綺麗な五芒星や六芒星も浮かび上がります。

そしてその秘密は、おそらく大文字焼きで有名な五山送り火に隠されました。
(続く)

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR