あなたの都をパワースポットにする方法2

昨年のムー12月号で発表しましたので、ご存知の方もいると思いますが、1200年以上前の日本の都である平安京も、方角とエネルギーの関係を綿密に計算したうえで造営されています。

北には鞍馬や貴船に続く深い谷、北東にはずっしりとした存在感のある比叡山、東には樹木が生い茂る青き山々があり、南東の風通しは良く、南には火の山の替わりの甘南備山があります。さらに南西には畑や田んぼなど穀倉地帯が広がり、西には渡月橋で知られる嵐山と桂川がなす湿地帯、北西には天に通じる山岳信仰のメッカ愛宕山が鎮座しています。

それぞれの方角に、その方角のエネルギーを強める自然が配置されています。まさにパワースポット。1000年以上にわたり日本の都であったこともうなずけます。

しかしそれにもまして凄いのは、古代測量土木技術士たちが山と山を結ぶタカミムスビの法則を駆使して、距離と方角を決めて完璧な測量を基に平安京を築いたことです。
(続く)

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR