猫は東

「昼寝」から目覚めると、真冬の寒さです。
都心では雪が降ったようですが、珍しく私の住んでいる田舎では午後4時現在では雪が降っておりません。
これから降るんでしょうか。寒さだけは雪が降らなくても雪国並みです。

さて、ご存知のように12支の動物には方角があります。
ネズミが北、牛と寅は北東、ウサギが東、龍と蛇が南東、馬が南、羊と猿が南西、鳥が西、犬と猪が北西です。
ですからもし夢や啓示などで動物が出てきたら、その方角のシンボルで読み解くことができるわけです。
たとえばネズミは「集中」や水のエネルギーの象徴と解釈できます。形は洞窟など深い穴。易では坎で数字は6ですね。

では昨日紹介した猫はどうなるのかというと、猫の方角はウサギと同じ東です。
実際、ベトナムやロシアではウサギの代わりに猫にしている地域もあります。
だからウサギや猫の夢を見たら、人間関係にかかわるシンボルだと見ることができます。雷や樹木と同じで枝を四方八方に延ばしながら、ドンドン人間関係を築いていきます。『不思議な国のアリス』でアリスを不思議な国へ導いたのはウサギでしたね。あれも非常に象徴的で、子供が大人になる過程でいろいろな人間関係を築いていくことを暗示しているようでもあります。

IMGP4622-1.jpg

昼寝から目覚めたこの猫ちゃんは、一体どこに私たちを導こうとしているのでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR