西は金

方角には色があります。
そんなバカなと思われる方も多いのではないかと思いますが、19世紀のドイツの科学者ライヘンバッハは、霊的に敏感な被験者を使って真っ暗な研究室で回転いすでグルグル回し、それぞれの方角に対してどのような色を感じるかの実験をしたそうです。その結果、おおむね北は黒、東は青と緑、南は赤、西は白と金を感じる場合が多いことに気が付きました。実はこれは、中国に古くから伝わる四神相応の色、すなわち北の玄武、東の青竜、南の朱雀、西の白虎と一致するんですね。
ということは、もしかしたら普遍的に方角には決まった色が備わっている可能性があるわけです。

色があるのは、4方向だけではありませんでした。ある方角と方角の間にはその中間的な色が来ます。たとえば北東は藍色、南東は紫、南西はオレンジとピンク、北西はグレーです。つまり360度の方角は見事なグラデーションですべて色があるというんですね。

そしてすべての方角に備わっている性質は、色だけではない可能性もわかってきたのです。
その話は今度するとして、今日ご紹介するのは、夕陽が海上に織り成す黄金の絨毯です。

IMGP4645-2.jpg

やはり西は金が似合いますね。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR