神々の山を訪ねて71(矢倉岳)

神奈川県南足柄市にある標高870メートルの矢倉岳。

IMGP4667-111.jpg

金太郎伝説で知られる金時山の北側に位置する足柄山地にある山ですが、遠くからでもかなり目立つ山です。
どれだけ目立つかというと・・・

IMGP4666-123.jpg

ご覧ください。実は40キロ近く離れた相模湾の対岸から撮影してもこんなにはっきりと写るんですね。

IMGP4666-113.jpg

葉山の大峰山辺りから見ると、ちょうど富士山と矢倉岳が一直線上に並びます。

足柄峠を越える旅人を見張る櫓(やぐら)のような山容をしていることから、矢倉岳と呼ばれるようになったとされています。
地質学的には石英閃緑岩体が隆起して浸食を受けた山です。

三角お結びのような山容や遠くからでも目立つ姿は火のエネルギーを表します。
圧力が加わると電気が発生する圧電体の石英が多いことから、木のエネルギーも強いことがわかります。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR