神々の山を訪ねて64(チーズリングの岩山)

英国コーンウォール州にあるハーラーズ・ストーンサークル。

DSC_0294-1_2014071923380219b.jpg

その「パイプ奏者」と名付けられた二本の石柱の間に見える岩山が、聖なる山であることは間違いありません。

DSC_0288-2.jpg

中央奥に見える山を拡大するとこうなります。

DSC_0288-3.jpg

その岩山に向かって歩いて行きます。

DSC_0214-11.jpg

その岩山の頂上付近にある奇妙な形の岩がこちら。

DSC_0228-2.jpg

円いチーズを重ねたような形をしているのでチーズリングと呼ばれています。

二本の柱のような石柱はまさに神社の鳥居。ストーンサークルは拝殿で、チーズリングの岩山はご神体山ということになります。古代日本の神道の要素がすべてここにあります。

長年の雨水等の浸食でチーズリングのようになったことを考えると水のエネルギー。岩山のイメージは大地に通じるので土のエネルギー。ストーンサークルの円形は天を、三つのストーンサークルの「三」は火のエネルギーを表します。門柱には木のエネルギーが宿り、二つの柱の「二」に着目すれば金のエネルギーを持っていることになります。

そしてこの山も聖マイケルライン上にあります。天と地、山と大地を結ぶ聖なるラインです。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR