末子サノに立てられた白羽の矢

日向国の正統な王位継承者であるイツセが暗殺されたことは、統一王朝の実現を図るニギハヤヒにとっては大誤算であったはずです。事件現場に駆け付けたものの、もはや手遅れ。これは近畿王ニギハヤヒに対する謀反ですから、ニギハヤヒと義理の兄であるナガスネヒコの間で亀裂が生じたことは間違いないでしょう。

しかしニギハヤヒにとって、これで統一王朝樹立の夢を断念するわけにいきません。
でも、王位継承者のイツセがいなくなり、イナヒとミケヌも海外か「常世の国」に出張して「長期不在中」です。
そこで次善の策として、長男イツセに同行していた四男のサノ(のちの神武)に白羽の矢が立てられたことがその後の展開でわかります。この際、サノを日向国の正統な王位継承者にして、統一王朝のための政略結婚を進めてしまえ、というわけですね。

あくまでも政略結婚を強行しようとするニギハヤヒの決定に対し、部族長らは賛成派と反対派に真っ二つに割れ、内乱状態になったのではないかと私は見ます。

実際に記紀では、この賛成派と反対派を明確に分けて記録しています。

まず反対派は当然、イツセを暗殺したナガスネヒコが首領です。
ほかに、眠り薬を入れて神武らを殺そうとした熊野の大熊ことタシキトベ。
謀略により神武を暗殺しようとした宇陀のエウカシ。
待ち伏せていたとされる忍坂の土雲ことヤソタケル。

一方、賛成派も錚々たるメンバーです。
ニギハヤヒの息子であるタカクラジことアメノカグヤマ。
オオナムヂとタギリヒメの間に生まれた八咫烏ことアヂスキタカヒコネ(別名タケツノミ、カモノオオミカミ)。
ニギハヤヒとミカシキヤヒメの長男ウマシマヂ。
兄の謀略を密告して神武を助けたオトウカシ(宇陀の水取の祖)。
ほかに次に挙げる族長らも賛成派に回りました。
ニヘモツの子(鵜飼部の祖)。
ヰヒカ(吉野首の祖)。
イワオシワクの子(吉野の国栖の祖)。

賛成派反対派入り乱れての大乱闘の果てに、ニギハヤヒが推し進める政略結婚賛成派が勝利します。
アマテラスとスサノオの悲願であった統一王朝樹立の立役者として、サノには「はつくにしらすすめらみこと」という初めて統一王朝を作った天皇という称号が与えられました。

でも本当の立役者はニギハヤヒですよね。その点に関しても抜かりはありません。『日本書紀』ではちゃんとニギハヤヒの偉大な功績もさり気なく記されているんです。

ニギハヤヒノミコトは、天の磐船に乗って大空を飛び回り、この国を見てお降りになったので、名付けて「空見つ日本(やまと)の国(注:大空から眺めて、よい国だと選ばれた日本の国の意)」という。

つまり『日本書紀』では、国名(統一王朝)を作ったのがニギハヤヒであり、その国(場所と人)を選んだのもニギハヤヒであることを暗に認めています。ちゃんと偉大な功績を記録していた、いや記録せざるを得なかったんですね。真の「はつくにしらすすめらみこと」ですから。

ところが、です。これで統一王朝の基礎ができて一安心とはならなかったんですね。
この統一王朝に異を唱える重要人物がほかにもいたんです。
(続く)
スポンサーサイト

政略結婚に反対したナガスネヒコが取った行動

イスキヨリヒメがニギハヤヒの子供であることがわかっても、ナガスネヒコの妹とニギハヤヒが政略結婚して生まれた子であることが証明されたわけではありません。しかしながら、その後の「天皇家の系図」を見れば、イスキヨリヒメがそれなりに正統な血統を持った王女であったことがわかります。イスキヨリヒメは神武と結婚して正妻となり、子供を産み、その子が綏靖天皇になっているからです。

このことは、イスキヨリヒメがニギハヤヒの正妻の子であったことの証拠でもあるんですね。ニギハヤヒの正妻とは誰かと言うと、記紀に出てくる「ニギハヤヒの妻」は、ナガスネヒコの妹トミヤビメ(ミカシキヤヒメ)しかいません。それに王位継承をかけた政略結婚であれば、正妻にするしかありませんね(オオナムヂがスセリビメと政略結婚するために、ヤガミヒメを無情にも捨てたことを思い出してください)。ということは、イスキヨリヒメはウマシマヂの妹でおそらく末子であった可能性が極めて強いんです。出雲族は末子相続ですから、近畿王ニギハヤヒの正統な後継者であるわけです。

読者のみなさんも段々、物語の筋が見えて来たのではないかと思います。
近畿王の正統な後継者であるイスキヨリヒメの婿選びをする際、おそらくニギハヤヒが統一王朝樹立という亡き父の悲願を成就させるため、日向国の正統な後継者である王子を婿候補に選んだわけです。日向国は長子相続ですから、イツセが招聘されまたはずです。

国力や政情の不安定な日向国としては、「日本の中心」を支配する近畿王ニギハヤヒの正統な王位継承者の娘と政略結婚することは、渡りに船の申し入れなわけです。イツセは喜び勇んで、末の弟のサノ(のちの神武)とともに、その「渡りに船」に乗って近畿に向かいました。ところがここに大きな落とし穴がありました。ニギハヤヒの政略結婚に対し不満を抱くものがいたんですね。

みなさんのご想像通り、それがオオナムヂとの間で死闘を演じたナガスネヒコです。
それはそうですよね。いくら妹の子供であるイスキヨリヒメが正統な王位継承者であるとは言っても、自分の子供ではありません。このままでは、どこの馬の骨ともわからない、日向国の王子に自分の国(河内国、もしくは大和国周辺)を乗っ取られてしまうと思ったとしてもまったく不思議ではありません。

そのナガスネヒコの心情について、『日本書紀』にはこう書かれています。
「天神(あまつかみ)の子がやってくるわけは、きっと我が国を奪おうとするのだろう」
またナガスネヒコは同書で、神武に対してこうも言っています。「どうしてまた天神の子と名乗って、人の土地を奪おうとするのですか。手前が思うにそれは偽物でしょう」

ナガスネヒコとしては、これまでオオナムヂやニギハヤヒといった出雲族の人間のことはよく知っていたと思いますが、日向族の人間はまったくの赤の他人。「偽物」みたいなものですよね。

記紀の記述を読むと、国を奪われると思ったナガスネヒコが何とか政略結婚を阻止しようと、大阪湾から上陸したイツセら一行を待ち伏せしたことがわかります。そして日向国の正統な王位継承者であるイツセを矢で射て、殺してしまうんですね。
(続く)

記紀に隠されたニギハヤヒの子供たち

大阪地方を支配していたナガスネヒコと近畿地方に拠点を築こうとしていたニギハヤヒの間で政略結婚による和睦が成立したことで、おそらくニギハヤヒが近畿の王に就任、ナガスネヒコはニギハヤヒから「天の羽羽矢とかちゆき」をもらい軍事王となったことが記紀の記述から容易に推測できます。

で、ニギハヤヒとナガスネヒコの妹であるミカシキヤヒメの間に生まれたのが、ウマシマヂであったわけですが、記紀編纂者は非常に巧妙に、そのほかの子供たちを隠しています。その中で比較的すぐに政略結婚によって生まれた子ではないかとわかるのは、アメノカグヤマとヒメタタライスキヨリヒメです。

特にこのヒメタタライスキヨリヒメは重要な存在ですね。なぜなら末子である可能性が強いからです。
その話題に触れる前に、なぜイスキヨリヒメがニギハヤヒの子供であることがわかるか、について説明しておきましょう。
それは『古事記』に明確にそう記されているからです。

明確と言っても、スサノオとアマテラスの誓約の時と同じで、文学的に明確に書かれているという意味です。
『古事記』には、摂津国三島にセヤダタラヒメという容姿の美しい少女がおり、三輪の大物主が夜這いをして結婚、イスキヨリヒメが生まれたと書かれています。

既に説明したように、三輪の大物主とは間違いなくオオトシ、すなわちニギハヤヒのことですね。
記紀編纂者はこのイスキヨリヒメがまさかナガスネヒコの妹の子であるなどとは書けませんから、このような文学的な表現でそのことを隠しているんですね。

と、ここで時間が来ましたので、続きはまた後で。
(続く)

ニギハヤヒがナガスネヒコの妹と結婚した理由

私の考えでは、近畿王ニギハヤヒは統一王朝樹立という亡き父スサノオの悲願を成就させるため、日向国の王子を大和に招聘し、政略結婚しようとしたことになります。目的としてはその通りなのですが、大和を含む近畿国の当時の情勢がどうであったかを知っておく必要がありますね。ちょっと複雑な事情があったようです。

その事情を説明するためには、少し時間をさかのぼって、オオナムヂの「国作り神話」について捕捉的に説明する必要があるように思われます。

出雲国の女王スセリビメと結婚したオオナムヂは、スサノオから軍事王(生大刀、生弓矢)の称号をもらい受け、各地の反乱分子(八十神)を平定して行きました。ここまでは誰もが想像できる「国作り」の事象ですね。

しかし面白いのはここからです。オオナムヂはさらにスクナヒコナの援軍を得て、各地で快進撃するのですが、その参謀であったスクナヒコナは「国作り」の最中に「常世の国」に旅立ってしまったんですね。この旅立ちが海外遠征なのか、戦いで死んでしまったことなのかは定かではありません。とにかく参謀を失ったオオナムヂは大窮地に陥ったことが『古事記』の記述からわかります。

そして、その絶体絶命の場面で途方に暮れていたオオナムヂの前に現れたのが、ニギハヤヒ(スサノオの四男オオトシ)であったことは既に説明した通りです。

当初私は、ただ単にニギハヤヒがオオナムヂの出雲国の国作りを手伝っただけなのだと思っていました。ところが、正統竹内家の口伝には、オオナムヂの軍が大和でナガスネヒコ軍に破れて敗走、琵琶湖に追い詰められたところをニギハヤヒが軍艦(天磐船)に乗って助けに来たという伝承があるのだというんですね。記紀の記述からは想像もできない物語の展開です。

しかし、この伝承が本当だとすると、合点の行くところも多いんですね。口伝によると、どうやらニギハヤヒがオオナムヂ軍とナガスネヒコ軍の間を仲裁する形で、和睦を図ります。和睦と言ったら、当然政略結婚ですよね。そこで決まった政略結婚が、ナガスネヒコの妹であるトミヤビメ(別名ミカシキヤヒメ)とニギハヤヒの間の婚姻だったというわけです。おそらくこれにより、ニギハヤヒは近畿王、もしくは大和王となったはずです。

ニギハヤヒがナガスネヒコの妹と結婚してウマジマヂが生まれたという話は、『古事記』にも『日本書紀』にも記されています。でも、どういういきさつで結婚したかということは、一切触れられていないんですね。「国作り神話」では完全に省略されてしまっています。

かつて近畿地方を舞台にして、オオナムヂとナガスネヒコ軍が戦い、それをオオトシ(ニギハヤヒ)が仲裁、政略結婚による和睦が成立したのだということを知っていると、記紀の記述がよりはっきりと、わかりやすくなるんですね。
(続く)

ニギハヤヒが夢見た亡き父スサノオの悲願

東征なのか、東遷なのか、を議論する前に、なぜ東の地である大和に新政権を樹立する必要があったかを見て行きましょう。

『古事記』では、「安らかに天下の政(まつりごと)を執り行う」ため、東の方に向かったと簡単に記されています。
一方『日本書紀』には、日本は村々ごとにお互い争っており収拾がつかない状態になっているとしたうえで、天下を治めるには「天の磐舟に乗って、飛び降った者」が降臨した「青い山が取り巻いている」「よい土地」が日本の中心であり、そこで都を作ろうということになったからだ、と明記されているんですね。「天の磐舟に乗って、飛び降った者」とはニギハヤヒのことで、「よい土地」が大和であることは明白です。

この二つの理由を重ねて考えると、王(族長)が乱立して内乱状態になっている日本をまとめるためには、ニギハヤヒが統治している大和に統一王朝を作るしか方法がない、というように読めるんですね。

実はこの考えは、日向族だけの考えでなく、大和国(近畿国)のニギハヤヒの考えであったのではないかと私は考えます。亡き父スサノオが日向族の女王アマテラスと政略結婚をすることによって果たそうとした統一王朝樹立の夢です。

私は当初、日向国が海人族の支援を受けて富国強兵し、実際に大和地方に武力で侵攻したのであると考えていました。ところが、ニニギの王位就任以来、王統断絶騒動、兄弟間の争い(日向国内戦)を経て、日向国はヘトヘトであったはずですよね。海人族の協力でようやく国を建て直したものの、日向国には遠方に東征するだけの力があったかと言われると、どうもそうではなかったように思えてならないんですね。九州地方の日向国という「おひざ元」だけで手いっぱいだったはずです。そのような日向国が単独で東の地に長期遠征するのは無謀です。

そうではなくて、実は近畿王のニギハヤヒが日向国の王子たちを大和に招聘したのではないでしょうか。
ニギハヤヒにとっては、亡き父の悲願である統一王朝を樹立するため、日向国の王子と近畿国の王女を結婚させる計画が最初からあったのではないか、と思えるんですね。

まさに日向族と出雲族の「誓約」の第二弾です。その政略結婚によって王子が生まれれば、アマテラスとスサノオが夢見た統一王朝がようやく誕生するわけです。

実はそうしなければならない事情がニギハヤヒにもあったんですね。それは次回お話ししましょう。
(続く)

東征か東遷か、それが問題だ

さていよいよ神武の東征です。
でも『日本書紀』では「東征」ですが、『古事記』では「東遷」となっているんですね。かなり意味が違ってきます。
東にある大和に都を移しただけであれば遷都ですが、大和を滅ぼしに行ったのなら東征です。

私はどちらかと言うと、東遷に近かったのではないかと思っています。
どうしてか。
その理由の一つは、いくら海人族の協力と支援を受けて日向国が富国強兵できたとはいえ、まだまだニギハヤヒの大和国に対抗できるだけの兵力はなかったのではないかと思うんですね。ところが、大和国にも何か理由があって、日向族から王を受け入れたほうが都合がよいという事情があったのではないでしょうか。そこでサルタヒコ(イセツヒコ)に代表される、あるいはオオナムヂの血を引く古代ユダヤ人が仲裁する形で、三部族和合による新国家「大和」が誕生したのではないかとみるわけです。

次回、記紀の記述から実際には何があったのか、詳しく見て行きましょう。
(続く)

海の彼方に消えた二人の王子

記紀の記述が本当だとすると、ウカヤフキアエズとタマヨリビメの間には、海人族の血が4分の3、日向族の血が4分の1流れている王子が4人生まれました。
王位継承の第一優先権を持つ長男がイツセ、記紀によって順番が異なりますが、二番目に生まれたのはイナヒ、三番目に生まれたのがミケヌ、そして最後に生まれたのが後に神武天皇となるトヨミケヌ、亦の名をカムヤマトイハレビコでした。

この二男のイナヒと三男のミケヌについて、『古事記』の記述は実にあっさりしています。
事績は一切なく、イナヒは「亡き母の本国のある海原に入り、ミケヌは波の上を踏んで常世国に渡った」と、淡々と記されているだけなんです。

『日本書記』の記述では、イナヒは「剣を抜いて海に入り、サヒモチノカミになったとされ、ミケヌは波頭を踏んで常世の国に行った」と書かれています。ほとんど同じような記述ですが、それが神武東征の最中に起きたことにしているところが違うところです。

何か不思議ですよね。二人にはいったい何が起きたんでしょう。

普通に読むと、単純に海で亡くなったのかなと思ってしまいますが、それぞれに書き方が違うところが気になります。
まず、イナヒが「亡き母の本国のある海原に入った」とはどういうことでしょう。
亡くなったとは書いてありませんから、本国に帰ったと読めなくもありませんね。
でも海神の国とはどこにあるのでしょうか。

歴史学者たちは、海神の国は現在の福岡市東部にある筑前国糟屋郡阿曇郷ではないかとみています。
安曇連の本拠地とされているからですね。彼らは北部九州を拠点にして、古くから中国や朝鮮半島とも交易などを通じて関連があったとされています。

ということはもしかしたら、イナヒは中国や北朝鮮に渡ったとも考えられますね。なにしろあの辺一帯は「本国のある海」ですから。平安時代初期の815年に、嵯峨天皇の命により編纂された古代氏族名鑑『新撰姓氏録』には、それを裏付けるような記述が見受けられます。それによると、何とイナヒは新羅王の祖になったというんですね。

「新羅」というのは六世紀の国号ですから、時代が合いません。でも新羅の前身は辰韓あるいは秦韓ともされていますから、紀元前2世紀までさかのぼることはできます。ならば一応、イナヒが秦韓と合流した可能性はあります。

まあ、源義経がジンギスカンになるのが民間伝承ですから、そのような物語も言い伝えとして残っていたのかもしれませんね。

ミケヌが「常世の国に渡った」という表現はどうでしょうか。
「常世の国」は、海の彼方にあるとされる異世界のことですから、もうなんでもありです。
私は単純に海で亡くなったか、「神武東征」中に亡くなって水葬をしたと読みます。ただ、正統竹内文書の口伝では、ミケヌはピラミッド造りの天才であったようですから、どこかの国でピラミッドの建造に熱中していたかもしれませんね。
(続く)

海人族の王女が「巨大なワニ」にされた事情

記紀神話を読むとニニギが天孫降臨(王位就任)した後からの日向国のドタバタぶりがよくわかります。
王統断絶疑惑、兄弟間の争い(事実上の内戦)とそれに続く兄の王家からの追放、海人族との二度にわたる政略結婚など、物語のネタに尽きませんね。

気になるのは、日向国の王がなぜ二度も海人族と政略結婚しなければならなかったか、です。
普通は一度です。ところが二代続けて王が海人族から娘をもらっているというのは尋常ではありません。

考えられるのは、日向国自体が内戦で疲弊して、かなり弱体化。軍事力のかなりの部分を海人族に頼らざるを得なくなっていたことでしょうか。だからどうしても海人族との血縁関係を深めなければならなかった、というように考えることができます。まさに、乳母でありながら、後にその王子(ウカヤフキアエズ)の妃になったというタマヨリビメの物語そのもの、「おんぶにだっこ」という感じです。

もう一つの考えは、海人族を頼らざるを得なかったというのは同じですが、最初の結婚の際の約束(政略結婚をする際の和平の条件)を日向国側が一度破ったからだと見ることもできます。記紀神話では、ホヲリが海人族との約束を破ったことが明記されています。つまり妻の出産の場面を見るなと言うのに見てしまったので、怒った妻は海人族の国に帰ってしまったと書かれています。

この約束の不履行が実際はなんであったのかはわかりません。ただその後のホヲリの慌て振りからは、海人族のご機嫌を取るために、もう一度和睦をし直して、政略結婚をしなければならなかったのだということが何となくわかるんですね。主導権は海人族が握っていたように思われます。

海人族が優位な立場にいたことは、遺伝学的に見てもそうですよね。日向族の王と海人族の王女が結婚して生まれたウカヤフキアエズはハーフ。そのハーフと海人族の王女が結婚すれば、計算上4分の3が海人族の血で、4分の1が日向族の血ということになります。女系相続であれば、ほとんど日向国は海人族の国家ということになりますね。

しかしながら記紀の編纂者は、そのことをおくびにも出さず、淡々と日向国側の見方を紹介しているように思われます。
その最たるものが、海人族の王女を巨大なワニにたとえていることです。まるで怪物か化け物扱い。越王であった八岐大蛇に対する扱いと同じぐらいひどいですよね。そこから読み取れるのは、日向国の正統な王が海の化け物と結婚してやったのだと言う上から目線でしょうか。

もちろん実態は「乳母」に象徴される海人族に「おんぶにだっこ」です。だけれども、そんなことは書けなかった。そりゃプライドがありますものね。エビで鯛を釣るというたとえがありますが、日向国の肩書(王統)というエサで巨大なワニ(海軍力)を釣り上げたとも解釈できますね。

いずれにしても、「巨大なワニ」のたとえは、腐っても鯛だという自負心が書かせた記述なのではないかと思っています。
(続く)


日向族と海人族の政略結婚

ニニギの息子であることがほぼ間違いないとみられるホヲリの王位就任によって、日向国は王統断絶という最悪の事態は避けられました。しかしながら、こういうすり替えの物語が生々しく記紀神話に挿入されていることを勘案すると、DNA鑑定ができない時代において、王統のすり替え事件は意外と多かったのかなとも思えてきます。スコットランドの独立のために戦った実在の人物ウィリアム・ウォレスを描きながら、多分にフィクションの要素が入っているアメリカ映画『ブレイブハート』でも、同じようなプロットが用いられていました。誰の子であるかは、母と神のみぞ知るということでしょうか。

記紀の記述を読むと、日向国王に就任したホヲリを海人族がバックアップすることになり、ホオリの政権基盤はより強固になりました。ここでも効果を発揮したのが、政略結婚ですね。ホヲリは海神の娘であるトヨタマビメと結婚して一児を儲けます。

しかしまだまだ日向国の国力では、ニギハヤヒの一族が君臨する大和国を制圧するだけの力はなかったと思われます。ホヲリの息子ウカヤフキアエズもまた、海神の娘で、しかも自分の乳母兼叔母であるタマヨリビメと政略結婚して海人族との縁を切っても切れないものにします。

この日向国を海から支えた海人族こそ、北九州の沿岸を本拠地とした安曇連(あずみのむらじ)の先祖ではないかとみられています。

つまり日向国王の二世代は、海軍力の増強に力を注いだわけですね。
ウカヤフキアエズとタマヨリビメの間には、イツセ、イナヒ、ミケヌノ、ワカミケヌノの四王子がうまれました。この末子のワカミケヌノの別名がカムヤマトイハレビコ。後に神武天皇となる王子です。
(続く)

兄ホデリを差し置いて弟のホヲリが王になった理由

捨て身の「火傷占い」によって身の潔白を証明したコノハナノサクヤヒメですが、本当は誰の子であったかはわかったもんではありませんね。当然、日向国の重臣の中には、しぶしぶ占いの結果に従ったものの、本当はニニギの子ではないのではないかと思った人は大勢いたはずです。特に怪しいのは長男のホデリでした。結婚前に誰と付き合っていたかなんて、よそ者のニニギたちには知りようがなかったですからね。子供が成長して顔がニニギと似ていなかったら、疑念はますます募ったことでしょう。一方で、結婚後しばらくしてから生まれたとみられる末子のホヲリなら、まず間違いなくニニギの子であったと思われます。

そのあたりの日向国の重臣たちの「心情」を『日本書紀』はよく言い表しています。火中出産の際に火が盛んな時に生まれた子がホデリで、火の勢いがなくなり火熱が引けるときに生まれたのがホヲリであったとしているんですね。私はこの炎を「疑念の炎」と読みました。

しかしながら日向国では長子相続が基本ですから、このままいけばホデリが次の王になってしまいます。疑心暗鬼派の重臣たちは、何とかしてホデリではなくホヲリに王位を継がせたいと思ったはずです。そのためにはホデリに致命的な失敗をさせる必要があったのではないでしょうか。そして綿密に計算した策略により、ホデリがあたかも失敗したように見せかけて、王位継承権をはく奪したと私は見ています。

どのような画策を企てたのでしょうか。
その謎を解くヒントが隠されているのが、あの有名な海幸彦山幸彦の物語なのではないでしょうか。

忘れた方のために、物語の復習をしておきましょう。
兄の海幸彦と弟の山幸彦はある日、それぞれの道具とともに「職業」を交換します。ところが山幸彦は兄の大事な釣針をなくしてしまうんですね。兄から非難され途方に暮れていた山幸彦は、シオツチノカミの協力を得て海神(ワタツミノカミ)を頼ります。そこで海神の娘に見初められ、結婚。無くした兄の釣針も発見し、それを兄に返します。その際、兄に呪いの呪文をかけて、懲らしめるという物語です。

何ともまあ、一方的でひどい話ですよね。大事な釣針をなくしたのは弟の山幸彦なのに、懲らしめられたのは兄の海幸彦です。でも、そうでもしないと、兄のホデリから王位継承権をはく奪して、弟のホヲリに委譲することはできなかったという苦肉の策としての物語なんですね。

つまりこの物語は、兄のホデリが何か大事なものをなくした責任を取らされた形で、王位継承権が弟に渡ったことを示唆しているわけです。

では、物語の中で大切なものとされた「釣針」は何を象徴しているのでしょうか。王位継承権が揺らぐぐらいの神宝であることは間違いなさそうです。釣針の形から連想されるのは、三種の神器のうちの勾玉でしょうか。

いずれにしても、ホデリは王継承者の印である大切なものをなくした責任を取らされたのだと私は考えています。もちろん、それはただの口実です。実際は記紀で示唆されているように、海人族を使った武力行使によって強制的に王位継承権を弟に譲らざるを得なくなるように仕向けたわけです。そうでもしなければ、同じ母親から生まれた兄を差し置いて、弟のホヲリが日向国の王になることはできなかったのではないでしょうか。

策略は見事に成功しましたね。記紀のホデリに対する記述を見ると、よくわかります。
『古事記』では、ホヲリの策略にかかり懲らしめられた兄のホデリは、弟のホヲリに頭を下げながら次のように言ったなどと書かれています。

「私はこれからのちは、あなた様の昼夜の守護人(まもりびと)となってお仕えいたしましょう」
それで今日に至るまで、(ホデリの子孫の)隼人は、(ホヲリに攻められて)海水に溺れたときの様々なしぐさを、絶えることなく演じて、宮廷にお仕え申しているのである。

『日本書紀』に至っては、もっとひどい書かれようです。「なぜ兄なのに弟に服従しなければならないのか」と問うホデリに対してホヲリは攻撃の手をゆるめませんでした。そしてとうとう次のように言ったなどと書かれています。

兄は全く困って逃げきるところもなく、罪に伏して言われるのに、「私は過ちをした。今後はあなたの子孫の末々まで、あなたの俳人(わざびと:仕えて演技などをする人)になりましょう」と。別伝に「狗人(いぬびと:犬吠えをして番犬の役をする人)として仕えます。どうか哀れんでください」と。
(中略)
それでホノスセリノミコト(ホデリの別名)の後裔のもろもろの隼人たちは、今に至るまで天皇の宮の垣のそばを離れないで、吠える犬の役をしてお仕えしているのである。

このように、本当なら正統な王となるべきホデリが番犬にまで貶められていますね。
どうしてそうなったかは、もうおわかりですね。
明らかにニニギの子ではなかったからです。

そのことを知らないと、海幸彦山幸彦の物語を本当に理解することはできないのだ、ということをわかっていただけましたでしょうか。
(続く)

夫婦と二男が消えた理由

王統が途絶えかねない事態となった日向国は、蜂の巣をつついたような大騒ぎになったはずです。
今なら遺伝子調査で自分の子かどうか調べればいいじゃん、となるでしょうが、当時はそんなことはできなかったはずです。では、どうやってニニギの子かどうかを調べたかというと、盟神探湯(熱湯の入った鍋の底に置いた石を拾う占い。真実を証明するには火傷せずに石を拾わなければならない)のような占いをやったことが『古事記』の記述でわかります。

コノハナノサクヤヒメは出産の際に産殿に火を放ち、子供が無事に生まれたら浮気などしていないことの証であると宣言して、実際に出産したと書かれています。コノハナノサクヤヒメは宣言通りに、火が燃え盛る中、長男のホデリを生みます。次に二男のホスセリを、最後に三男のホヲリを生んだと『古事記』は言います。

三人の子供が無事に生まれたのですから、コノハナノサクヤヒメの潔白は証明されたことになりますね。浮気などしてなかったんです。ああ、よかった。王統も断絶せずに済んで、一安心です・・・。

だけど、ちょっと待ってください。その後の記述が変なんですよね。
『古事記』ではこの後、ニニギもコノハナノサクヤヒメも二男のホスセリもパタッと登場しなくなるんです。消息が完全に途絶えます。この後、いきなり海幸彦(長男ホデリ)と山幸彦(三男ホヲリ)の話になってしまうんですね。その話の中にも父親(ニニギ)と母親(コノハナノサクヤヒメ)、それに二男のホスセリは出てきません。

変でしょ。何かあったんですよ、きっと。

こうした唐突な物語の転換からわかることは、おそらく三人は早い時期に亡くなった可能性があるということです。

とくにニニギはその可能性が高いです。
その理由の一つは、幼くして華々しく王になったにも関わらず、その後の業績がほとんどないことです。つまり大人になる前に死んでしまったので、業績を残せなかったとみるわけです。もし長生きしていれば、後に長男と三男の間で喧嘩が起きたときには仲裁に入れたはずですよね。ところが出て来なかった。ということは、海幸彦と山幸彦との間でもめ事が発生した時には既に亡くなっていたとみるべきです。

もう一つの理由は、ニニギは正妻を持つ前に死んだ可能性があることです。えっ、だってコノハナノサクヤヒメがいただろうと、皆さんは当然思われますよね。コノハナノサクヤヒメが正妻だろうと見ることはできなくもありません。だけど、コノハナノサクヤヒメは『古事記』の中でニニギにこう言っているんです。
「私は身重になって、やがて出産する時期になりました。この天つ神の御子は、私事として生むべきではありません。だから申し上げます」

「私事」と書かれているわけですから、夫婦の契りをしたときには正妻ではなかったと見るのが正しいのではないでしょうか。私生児として生みたくないのは当然ですよね。今風に言うなら「できちゃったんだから、籍を入れてよね」ということでしょうか。これに対して「できちゃった、って言うけど、本当に俺の子か?」と男が言ったわけですね。

この会話の後、男がちゃんと正式に結婚したのか、できちゃった子供をちゃんと責任を取って育てたのかどうかもわかりません。おそらく健康な王であれば、ほかにも妻を娶って子供を作ったはずですよね。ところが、ほかに結婚したとは書いてありませんから、二号さん、あるいは正妻を作る前に死んでしまったと見るわけです。

同じような理由で、コノハナノサクヤヒメも桜の花びらが散るように短命であった可能性があります。おそらく過酷な占いである「火中出産」によって火傷を負ったことも考えられますね。その火傷の痕跡は隠せても、細菌感染などの合併症が出たかもしれません。身の潔白を証明するためには、火傷を負ったことをひたすら隠さなければならなかったことは容易に想像できます。治療が遅れて、手遅れになったということも十分にあるのではないでしょうか。

問題はなぜ二男のホスセリが消えたかですね。
すぐに考えつくのは、生まれて間もなくなくなったとか、家出したとか、事故で死んだ、などですが、これにも裏がありそうですね。実際のところホスセリが幼少で亡くなった可能性は高いのですが、既に説明したように『日本書紀』の編纂者はこの幼くして亡くなった二男を利用して、ここにニギハヤヒの別名を挿入、ニギハヤヒの出自を誤魔化したのだと私は見ています。
(続く)

コノハナサクヤヒメが生んだ子の父親は誰か

ニニギが天孫降臨(日向国王就任)したとはいえ、日向国はかなりの混乱状態だったことが記紀の記述からわかります。
アマテラスや高木神が王だった時代とは隔世の感がありますね。

そもそもニニギが王として何かやったかというと、アメノウズメとサルタヒコの結婚を許したこと以外はほとんど為政者としての業績は残していません。日向国内の小さな遷都や王宮建造ぐらいはやったかもしれませんが、それもおそらく、幼き王を補佐する重臣らがお膳立てをしなければ何もできなかったのではないかと推察されます。王になったのが若すぎたのかもしれませんね。

そしてこの王の時代に、日向国は王統の歴史を揺るがす大問題に直面したことが示唆されています。
ニニギの後継者問題ですね。

ニニギは日向国近くの九州南部にある笠沙の岬で、美しい娘コノハナノサクヤヒメと出会い、その父親に結婚の許しを請います。父親は承諾し、長女のイワナガヒメとともにニニギに差し出しますが、ニニギは容姿が醜かったイワナガヒメを「返却」してしまいました。何ともひどい話です。

これは王室にとっても致命的な失敗であったことがわかります。というのも、『古事記』には「イワナガヒメの返却」によって天皇家(王家)の寿命は長久でなくなったと父親が断言したと明記されているからです。

かなり深刻な問題が発生したことがわかりますね。
どんな問題が生じたかは具体的には書いてありませんが、前後の文脈から推測することは容易です。

まず何が起きたかと言うと、コノハナノサクヤヒメは間もなく妊娠するのですが、ニニギはこともあろうにコノハナノサクヤヒメの浮気を疑うんですね。「俺の子ではないはずだ。一夜の契りで身ごもるはずはない」と。

ニニギが一目ぼれしてしまうぐらいですから、おそらくコノハナノサクヤヒメは絶世の美女だったのでしょう。ということは、モテモテだったわけですね。ニニギと出会う前に既にロマンスがあったかもしれません。つまりニニギと結婚するときには既に処女ではなかった可能性もあるわけです。父親もそのことにうすうす感づいていたとしたら、男にもてない長女のイワナガヒメをニニギの嫁に付け足したのも理解できる行為であったと思いませんか。イワナガヒメは間違いなく処女だったからです。

ところがニニギは長女を返却して、次女のコノハナノサクヤヒメだけを嫁にしました。で、その嫁が一夜の契りだけで早々と妊娠。そのころにはニニギも事の重大さを認識しはじめたわけです。「嫁にはほかに男がいたのではないか」と疑うのも無理はないですね。もし長子がほかの男との間の子であったら、王統が途絶えることにもなりかねません。

ここに来てようやく、コノハナノサクヤヒメの父親の言葉の重さがわかってきてくるわけです。「天皇方の寿命は長久でなくなった」とは、王統が途絶えることを暗示した言葉であったことになりますね。
(続く)

サルタヒコとアメノウズメの結婚

ニニギの天孫降臨の際、日向国の未来を左右する神として登場するサルタヒコ。八百万の神々(日向国の重臣たち)はその眼光の鋭さに恐れをなして、素性すら聞けない状態であったと『日本書紀』には記されています。

ところが日向国の重臣の中にあって、一人だけ、その眼光の鋭さがサルタヒコに引けを取らない人物がいたとも書かれています。それがアマテラスの岩戸隠れの際にも活躍したアメノウズメです。あの女諜報部員ですね。説得に長けた、屈指のネゴシエーターでもあります。『日本書紀』の記述をそのまま素直に読むと、アメノウズメは色仕掛けでサルタヒコに近づき、見事に手なずけたことになっています。

一方『古事記』では、アメノウズメがサルタヒコに会いに行ったのは同じですが、「色仕掛け」のことは一切触れられていません。かなりあっさりと書かれていて、会ったときには既にニニギの天孫降臨(日向国王位就任)を助けることに同意しています。

それでも『古事記』にも、『日本書紀』と同様に、サルタヒコとアメノウズメが結婚したことが示唆されています。若き(幼き)王ニニギも二人の付き合いを認め、サルタヒコの猿を取って猿女君と名乗るように命じているくらいですから、王も認める公認の結婚であったことがわかります。

それにしても、アマテラスを愛するスサノオから引き離し、さらには常人なら尻込みをするような眼光鋭い怪人を手玉に取ったアメノウズメとは何者なんでしょうか。古代ユダヤ人かもしれない異形の神サルタヒコに引けを取らない眼光から類推されるアメノウズメ像は、やはり中東系のエキゾチックな美女でしょうか。イメージ的には、第一次世界大戦を中心に、フランスのパリを中心に活躍したマレー系オランダ人の踊り子で、戦後スパイ罪で処刑されたマタ・ハリを彷彿させます。

歴史の裏に女あり。アメノウズメの活躍により、サルタヒコを日向国側に付けることができたことが、記紀の記述を読むとよくわかります。弱体化した日向国にとっては命拾いしたのではないでしょうか。ところが『古事記』によると、サルタヒコはその後まもなく、伊勢の海底に沈んで死んでしまいます。

でも別の説もあるんですね。と言っても、サルタヒコと思われるイセツヒコ、つまりキリストの話です。
正統竹内文書の口伝では、キリストは青森を経由して北海道に渡り、さらにアリューシャン列島沿いに北米大陸に上陸します。そこから何と南下して南米大陸、さらには南極大陸に向かったところで消息を絶った、とか。

でも、そんなことがどうやって口伝に残っているのか不思議ですよね。だって本当にそうなら南米大陸までキリストに同伴した者がいない限り、電話や電信の無い時代にそのような伝承が日本に伝わるはずがありませんから(もちろんテレパシー通信が当時発達していたら、伝わります)。その点を竹内氏に尋ねると、キリストに同伴した者が日本に帰って来て、報告したのだと言います。西暦1世紀の時代に地球をほぼ一周できたのだとすると、マゼランも顔色を失う探検家がいたということでしょう。

まあ、そのような壮大な物語があっても、いいのかもしれませんね。

サルタヒコが日向国側に付いた理由

優れた航海技術と測量土木術を持つ古代ユダヤ人の石工グループが古代の日本史に大なり小なりかかわることによって、古代日本の王たちの勢力図は大きく変わったことは、想像に難くありません。

とにかく、キリストかどうかは別にして、古代ユダヤ人とみられるサルタヒコが、各地の王たちにこれ以上日向国に対する無駄な抵抗(無意味な武力抗争)をしないよう説得し回ったと『日本書紀』には書かれているわけですから、サルタヒコは日向国に任命された「和平特使」になったのかもしれません。

でも本当はどうだったんでしょうか。
当時の情勢については、いろいろなことが考えられます。

まず考えられるは、日向族の出雲に対する奇襲攻撃成功により、日向国が優位に立っていたという見方ですね。ところが、高木神とアマテラスの相次ぐ死去とオシホミミの政界からの引退により、日向国は大混乱に陥ったと思います。足元の地盤が揺らいでしまったわけですから、出雲に侵攻するどころではありません。もしかしたら、出雲国が奇襲攻撃されたことを知った大和の王もしくは近畿王ニギハヤヒが日向国に攻め上がらないとも限りません。日向国の幼い王ではとても太刀打ちできませんよね。

記紀神話では、そこにサルタヒコが現れて、日向国側に付いてくれたと書かれているのですが、これを額面通りに受け取ることはできません。もし記紀の記述通りなら、日向国はとっくに出雲や大和に進軍して統一王朝を樹立したはずです。ところが記紀によると、日向国がようやく大和に侵攻できたのは、幼き王ニニギが成人して、子供が生まれ、その子が海人族のトヨタマビメと結婚して生まれたウカヤフキアヘズの子供の時代ですから、ニニギから三代あとのニニギのひ孫の時代です。どんなに早くても50年近くは経っている計算ですよね。

この記紀に記された「日向国の系図」が正しいかどうかはわかりませんが、少なくともニニギの王位就任からかなり時間が経ってから、ようやく「神武東征」が行われるわけです。

そのことを考えると、サルタヒコは日向国に従うように各地の王を説得したのではなくて、むしろ日向国に攻め入らないようにお願いして回ったのではないかとすら思えてきます。

でもそうなら、サルタヒコがそんなにしてまで日向国を守ろうとした理由が何であったのか探らなければなりませんね。サルタヒコは日向国に何らかの恩義を感じていたのではないでしょうか。

そこにあったのは、サルタヒコとアメノウズメとの恋物語だったのではないかと私には思えるんですね。
(続く)

サルタヒコ=キリスト説を考証する

キリストは来日していたのか、サルタヒコ(イセツヒコ)はキリストのことなのかーー。
本当かどうかはわかりませんが、サルタヒコ=イエス・キリスト説を時代考証を含めて真面目に検証してみましょう。

イエス・キリストが生きていたのは紀元前4年ごろ~紀元後28年ごろだとされています。
これに対してサルタヒコがいたとみられるのは神武東征前ですから、時代が合わないだろうと思われる方もいるかもしれませんね。なにしろ神武が東征して王(初代天皇)位に就いたのは、紀元前660年ですから、確かに700年ぐらい開きがあります・・・・・・なんて思っている人はまさかいませんよね。

信じるのは自由ですが、今ではこの紀元前660年を皇紀元年とする紀元節はまったくのデタラメであったとみられています。ただし、「デタラメ」と書きましたが、記紀編纂者はかなり古代世界史に精通していたのではないかと思われる節があるのも確かです。というのも遠く中東の地では、紀元前721年に北のイスラエル王国がアッシリアによって滅ぼされているからです。イスラエル王国の消滅によってイスラエルの12部族のうち10部族の行方が歴史からも消えます。どこにいったのかわからないので、「失われた十支族」と呼ばれています。

もし記紀編纂者の中に古代ユダヤの血を受け継いでいるものがいたとしたら、この失われた10支族を日本の記紀神話の中に盛り込もうとしたかもしれませんよね。そこで10支族が行方不明になってから約60年後に、失われた10支族が日本に渡り、日本という国ができたのだという物語をこしらえた可能性はあります。なにしろ、越、富士、出雲、淡路、ユダヤなどすべての王家の系図をまとめて、万世一系の天皇家につなげることが、記紀の目的の一つであったはずですから。

その意味で紀元前660年を神武の天皇即位の年だとするのであれば、それもOKかなと思います。

しかし現実的に見ると、神武の東征は一体いつごろであったのでしょうか。
その手がかりとなるのは、正統竹内文書の口伝の中にある月読歴です。
実は、月読歴は一年に二歳ずつ年を取るのだと竹内氏は言います。
確かに『日本書紀』では歴代天皇は軒並み100歳を超す長命になっているので、半分ぐらいに考えると常識的な数字になります。そこでかつて、第33代推古天皇から在位期間や存命期間を半分に計算し直して、歴代天皇が西暦でいつごろ就任したかを調べたことがあります。

すると、だいたい神武が存命していた期間が西暦1世紀の半ばごろであったことがわかったんですね。
正統竹内文書の口伝には、「漢委奴国王」の金印を授受する一年前に即位したという伝承もあるのだそうです。すると、神武天皇の在位期間は西暦56年ごろ~80年ごろでしょうか。

これが本当の在位期間で、神武がニニギのひ孫であるとすると、キリストの存命期間とニニギの存命期間が見事に重なってしまうんですね。つまりニニギの天孫降臨やオオナムヂの国譲りの時代は、まさにキリストが生存していた時代だった可能性があるわけです。仮に口伝や「竹内文書」に記されているように、キリストが西暦28年に死んでおらず来日していたら、「異形の神」として一目を置かれた可能性はありますよね。そのキリストの日本名が「サルタヒコ」であったとしても、矛盾はしないわけです。
(続く)

謎の人物サルタヒコの正体(その2)

サルタヒコがスサノオの息子(おそらく長男)であるヤシマジヌミである可能性はあるのですが、記紀に書かれたサルタヒコの風貌から浮かび上がるのは、異国人の実力者です。しかも、オオナムヂと同郷の人物であったのではないかと思われます。つまり古代ユダヤ人ですね。

その根拠は、『日本書紀』でオオナムヂが日向国のタケミカヅチらに屈して国譲りをする際に自分の後継者としてフナトノカミ(サルタヒコのこと)を推薦する件があるからです。もしサルタヒコがヤシマジヌミだとすると、自分の義理の兄を後継者にするというのはおかしいですよね。ならば同じ古代ユダヤの国作りのエキスパートで高度な知識と技術を持つ人物ではなかったかと私は見ます。

『日本書紀』の「一書(第二)」では実際、サルタヒコがオオナムヂに代わって日向国のために各地を巡り歩き、大和国の大物主(ニギハヤミ)や出雲国のコトシロヌシを説得したと書かれていますから、相当な実力者であり、ネゴシエーターであったに違いありません。

で、この強力な実力者の候補が一人いると書きましたが、なんとその人物こそ五十鈴彦、もしくは伊勢津彦ことイエス・キリストなんですね。

「えっ、それはいくらなんでもあり得ないだろう!」とみなさん当然、思われますよね。
私も同感ですが、でもこれは、正統竹内文書の口伝にあるのだと、竹内氏は言います。
「とんでもない話」なので、竹内氏は詳細を語ろうとしませんが、ゴルゴダの丘で磔刑に処されたのは、キリストの弟で、キリストは来日して五十鈴彦兼伊勢津彦となったそうです。伊勢津彦とは伊勢地方を支配した国司のような役職であると思われますから、記紀のサルタヒコの記述とも一致するんですね。実は口伝では時期も一致するそうです。またキリストにはもう一人弟がいて、兄のキリストを追うようにして来日しています。その名が石切彦。古代ユダヤの石工です。石工はフリーメソンで、当時の日本でも相当な力を持った秘密結社として存在していたのだと竹内氏はみているようです。

キリストが来日していたかどうかはわかりませんが、サルタヒコが古代ユダヤ人のキリストであったとすると納得できる部分も多いのも事実です。

このキリスト来日説は茨城の天津教が公開した「竹内文書」にも記されています。来日の時期は垂仁天皇の時代になっており、明らかに間違っていますが、キリストが上陸したとされる青森のキリスト関連遺跡群を結ぶと、一直線上になるなど、かなり高度な測量技術集団がいたことが浮かび上がってきます。
(続く)

謎の人物サルタヒコの正体

謎の人物サルタヒコが何者であるのか詳しく見て行きましょう。

記紀からわかるのは、このサルタヒコが日向国側についたことから、天孫降臨がうまくいったということです。そして、このサルタヒコの支配地域の中心が伊勢地方であり、日向族と同様に海洋族出身であったこともわかります。

また圧倒的な実力者であったと同時に、サルタヒコはかなり異彩を放った風貌であったとも記されています。
記紀の描写を見てみましょう。

『日本書紀』では、「鼻の長さ七握(ななづか)、背の高さ7尺あまり」「口の端が明るく光っており、目は八咫鏡(やたのかがみ)のようで、照り輝いている様は赤ほうずきに似ている」とされ、「八百万の神たちは皆、(サルタヒコの)眼光が鋭いため、(だれであるか)尋ねることもできなかった」と書かれています。

凄いでしょ。誇張されているとはいえ、鼻の長さが七握とは、50センチほどでしょうか。ちょっとありえない長さです。背丈は2メートルを超え、目が赤オレンジ色に輝き、眼光は神々を威圧するほど鋭いとは、まるで赤鼻の天狗か怪物のようです。

一方、『古事記』の描写はシンプルですが、それでも「上は高天原、下は葦原中国を照らす」ぐらいですから、他を圧倒するぐらいの威光を放つ人物であったと書かれています。

こうした描写から読み取れるのは、巨大な鼻や鋭い目つきに代表される異形の顔と堂々とした体格を持つ人物だったのではないかということです。つまり外国人ですね。

それらを総合して勘案すると、外国から渡って来た、航海技術に優れた部族の長であった可能性があるのではないでしょうか。

スサノオの8王子の一人であるヤシマジヌミの別名がサルヒコヤシマノであることから、ヤシマジヌミがサルタヒコであるとの見方もできます。
それはそれで面白い解釈だと思っていますが、でも実は、それ以外にも該当者が一人いるんですね。
(続く)

謎の人物サルタヒコ登場!

ニニギの天孫降臨、すなわち日向国王就任式の前後に、記紀神話では実に不可思議で奇妙な人物が現れます。
それがサルタヒコです。

『古事記』には天孫降臨の道の辻(道が分岐する所)に立ちはだかり、高天原(日向国)と葦原中国(出雲国)を照らす神であったと書かれていますから、まさに日向国の将来を左右する重要な人物であったことがわかります。つまり、日向国と出雲国のどちらが優位に立てるかを決めるキャスティング・ボートを握る人物です。日向国の若き王ニニギの運命の岐路を決める神がサルタヒコであったわけです。『日本書記』ではチマタノカミ(岐の神)と呼ばれています。

この人物が実に謎めかしい。記紀を読むと、ものすごい実力を持ち、オオナムヂとも知り合いとみられ、伊勢地方とゆかりのある人物であることがわかります。

と、ここで時間が来たので、続きは夜にでも書くことにいたしましょう。
(続く)

すり替えられた葦原中国

オシホミミはなぜ葦原中国(出雲国)攻めに乗る気ではなかったのか――という話題も取り上げておきましょう。最初に出陣したときは、途中で「(出雲が)騒がしい(平定されていない)」という理由で引き返してきます。記紀ではまるで臆病風に吹かれた王のように描かれています。そしてタケミカヅチの武勲により出雲が平定された後に再び出陣する際には今度は「ちょうど子供が生まれたから」という理由で、その息子に役目(王位)を譲ってしまいます。気前がいいというか、野心がないというか・・・。

この理由を推定するに、おそらく親戚の多い出雲国に同情的であった、たとえば異父姉妹の宗像三女神と実は仲が良く、そのうちの二人の旦那であるオオナムヂを倒すのが忍びなかったのかなとも思いますが、本当のところはよくわかりません。懐柔に向かったはずの弟のアメノホヒや、義理の甥とみられるアメノワカヒコも逆に手なずけられてしまったぐらいの難攻不落の強敵ですから、出雲攻略に腰が引けるのも無理ないのかなとも思います。とにかくアマテラスと高木神の意に反して、政界から身を引いてしまったわけです。 

ちょっとしたお家騒動ですよね。さらに悪いことが重なりました。その短命政権の王オシホミミからその子ニニギに王位が継承される際、日向国の政治王であるタカミムスビこと高木神が亡くなった可能性が強いんです。というのも、高木神がニニギに対して真床覆衾(まとこおうふすま)の行法・儀式をしたと『日本書紀』に明確に記されているからです。

この行法は秘儀中の秘儀らしく、王になるために、前王の亡骸と一晩同衾することにより、前王の霊を体に入れる儀式ではないかとみられているんですね。つまり前王が亡くならないとやらない儀式であるわけです。正統竹内文書の口伝継承者竹内氏が言う「真床男衾(まどこおふすま)の行法」と同じもののように思われます。

ということは、出雲国を服従させ葦原中国を平定したものの、お家騒動が勃発して日向国が葦原中国を統治するどころではなくなったということでもあります。それはそうです。日向国の正統な王であるオシホミミが王位を短期間で譲位したうえに、大王とも言うべき高木神が崩御したのですから。アマテラスもそのころまでには年老いているはずです。あるいは高木神やスサノオの訃報を聞いて、急に気力が失せ、同じころに亡くなった可能性もあります。

それは『古事記』の描写からも見て取れます。ニニギが天孫降臨する際に、アマテラスは八尺(やさか)の勾玉と鏡、それに草薙の剣の三種の神器をニニギに手渡しながら、「この鏡は私の御霊として、私を拝むのと同じように敬ってお祭りしなさい」と告げます。自分の魂のように大切な神器を孫に手渡すわけですから、臨終の際に子孫に「形見分け」した、あるいは祭祀王を譲位したとみるべきです。事実このアマテラスの言葉を最後にして、アマテラスがこの世界に直接関与することはなくなります。記紀からも事実上、姿を消すんですね。

大王の高木神と祭祀王のアマテラスがこの世を去りました。オシホミミも政界から引退してしまいましたから、残されたのは、生まれたばかり、あるいはまだ幼少の王子ニニギだけです。これでは出雲に進軍するどころではなくなったことは想像に難くありません。

でも記紀編纂者はそんなこと書けませんから、この際だから「天孫降臨」したことにしてしまえば辻褄合わせができると考えたんですね。

これはかなり強引な論法です。平定したのは出雲にある葦原中国であるはずですから、出雲に降臨するのが筋ですよね。日向国を高天原と呼ぶことにより本当は九州の片田舎である日向国にいたことを伏せていたとはいえ、九州の高千穂に降臨したとするのはあまりにも乱暴な言い分です。日向国から日向国に降臨してどうするのよ、と突っ込まれても仕方ありませんね。系図のすり替えだけでなく、葦原中国のすり替えまでしてしまったわけです。

でも別に、これでいいんです。
葦原中国平定(出雲侵攻)を諦めたなんてことは、絶対に書けませんからね。そんなことを書いたら、日向国の威信は失墜してしまいます。海族(天孫族)のメンツに掛けても、「葦原中国」に天孫降臨したと書かなければならなかったわけです。まあ、日向国内のちょっとした遷都ぐらいはあったかもしれませんからね。それに大々的な戴冠式も執り行ったはずです。幼少の王ですから、重臣にはベテランが配置されました。その幼き王の戴冠式の様子が「威風堂々とした天孫降臨」の場面にすり替えられたのだと私は解釈しています。
(続く)

ニニギの兄に祭り上げられたホアカリの正体

このように、古代日本の王たちの系図を丹念に調べて行くと、記紀神話の本当の意味がわかってきます。記紀編纂者の言葉の端端や「語らなかったこと」に「重大な歴史」が隠されているんですね。

さて、出雲国を武力で平定した日向国ですが、記紀を読むと、ここで大事件が発生したことがわかります。一つはオシホミミ政権が予想外の短命に終わったことと、もう一つはアマテラスの夫で事実上の王(政治王)であった高木神が亡くなったことです。

本当でしたら、日向国の正統な後継者であるオシホミミが出雲国に進出すべきなのですが、当人はこともあろうに生まれたばかりの息子であるニニギに王位を譲ると語ったと『古事記』に書かれているように読めます。

しかも『古事記』の記述を読むと、ニニギは長男ではなく次男ということになっているんですね。長男はアメノホアカリです。

これは看過できません。長子相続の日向族がどうして次男を王位に就けるんでしょうか。余程の理由があったはずです。

なぜ長男のアメノホアカリではなかったのか、考察をしてみましょう。
一つの可能性は、病弱でとても王位を継げるような健康体ではなかったか、早くに亡くなったか、という健康上の問題です。ニニギの兄だけど、正妻の子ではなかったという可能性もありますね。

しかしながら別の解釈もできます。ニニギの兄などいなかったという見方です。
「えっ、そんなまさか!」と思われる方もいるかもしれませんが、ニニギが長子だとすると、スムーズに理解できるんですね。実際に『日本書紀』の「一書(第一)」にはニニギはあたかも長子であるかのように単独の王子として描かれています。
つまりアメノホアカリは「ねつ造された長男」であった可能性があるわけです。
その根拠は彼の名前にあります。

アメノホアカリは「天火明」と書きます。
どこかで見たことはありませんか。

そうなんです。スサノオの四男であるニギハヤヒことオオトシの正式名称である「天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊」に出てくる名称なんですね。実際『先代旧事本紀』ではニギハヤヒとアメノホアカリは同一人物であるとしています。

ということは、ニギハヤヒの存在を隠すために記紀編纂者が施した系図改竄工作の一つであった可能性が強いんですね。少なくとも私はそのように見ます。

「工作」の証拠は『日本書紀』の混乱・矛盾した記述にも見て取れます。というのも、ホアカリの書き方が非常にいい加減なんです。既に指摘したように、一書(第一)ではオシホミミの子として登場するのはニニギだけで、アメノホアカリは出てきません。ところが一書(第六)ではアメノホアカリはオシホミミノの長男(ニニギの兄)として登場しますが、一書(第二)(第三)(第五)ではホアカリ(火明)という名前でニニギの息子にされてしまうんですね。しかもニニギの子であるとしながらも、長男としたり次男としたりと、滅茶苦茶な記述になっています。

一体全体、「ホアカリって何者なの?」と読者は混乱するはずです。まさにそれが記紀編纂者の狙いなんですね。オシホミミの長男にしたり、その子ニニギの子にしたりして、ニギハヤヒことオオトシがよくわからないようにかく乱したわけです。それによってオオトシがニギハヤヒであることを巧妙に隠しました。

「火が盛んな時に生まれた子を火明命と名付けた」とは、『日本書紀』の編纂者は本当によく言ったものです。
気炎が上がったときに誕生したことにして、まさにニギハヤヒの正体を煙に巻いたわけですから。
嘘をつきながらも、結構いいユーモアのセンスを持っていますね。
(続く)

記紀に隠されたスセリビメの子

記紀の「国譲り神話」ではスセリビメがどうなったのかまったく抜け落ちていることに加えて、もう一つ省かれている人物がいます。それがアヂスキタカヒコネです。スサノオとアマテラスの間に生まれた長女タキリヒメとオオナムヂの間に生まれた長男ですね。

ところがオオナムヂは、国譲りの際にはアヂスキタカヒコネの名も、ヤガミヒメとの子キマタノカミの名も挙げませんでした。
これはどうしてか。もうこのブログの読者の方ならお分かりになりますよね。彼らは正統な出雲の王位継承者候補ではなかったからです。アヂスキタカヒコネはスサノオとアマテラスの孫ですが、長子の子ですから、末子相続である出雲王の正統な後継者にはなりえません。キマタノカミは正妻の子ではないので、除外されたわけです。

『古事記』の編纂者は当然、このことを熟知していたはずです。ということは、オオナムヂが名前を挙げたコトシロヌシと、次のタケミナカタは正統な出雲国の王位後継者だったことは間違いのないところでしょう。

既に説明したように、コトシロヌシは宗像三女神の末っ子の子供の可能性が強いですから、十分に王位継承候補であったことがうかがえますね。しかし、タケミナカタはどうでしょうか。『古事記』ではオオナムヂの子であるとされていますが、母親が誰なのかは記されていません。『日本書紀』に至っては、タケミナカタという名前すら出てきません。

しかし一般的には、タケミナカタはオオナムヂと越国のヌナカワヒメとの間に生まれた子ということになっています。これは民間伝承によるものです。おそらくタケミナカタが諏訪大社に祀られている関係で、地政学的に母親は越国(越国と言っても越後の糸魚川付近)のヌナカワヒメではないかとされたのではないかと思われます。

だけど正妻ではないヌナカワヒメの子では、正統な出雲国の王位後継者とは言えませんね。出雲と越後も地理的に離れています。オオナムヂはタケミナカタが出雲国の正統な王位継承者候補だと言っているわけですから、少なくともスセリビメか、タキツヒメの子でなければ、オオナムヂが「国譲り」をしていいかどうか聞いてくれと答えるはずがありません。

最初、ミナカタが「宗像」の読みに似ていることから、タキツヒメの子ではないかとも思いました。しかし、コトシロヌシがタキツヒメの子とみられますから、同じ母親を持つ王子が二人も正統な王位継承者候補になるのは無理があります。

となると、消去法でタケミナカタはオオナムヂとスセリビメの子であったのではないかという可能性が浮上してくるんですね。そもそも母親が誰なのか『古事記』に記されていないところが怪しいです。記紀編纂者にとって、どうしても母親の名前を明かせない理由があった。それはスサノオの末子で正統な王位継承権を持つスセリビメとその後継者を歴史から隠す(消し去る)ことであったのだと私は思っています。
(続く)

記紀に隠されたスサノオの8王子(その11)

スサノオとアマテラスの結婚の破たんによって、出雲族と日向族の確執が再び顕在化します。

『古事記』では岩屋から出てきた(日向国に戻った)アマテラスは次のように宣言したと書かれています。
「豊葦原の瑞穂の国は、わが子(高木神との子)のオシホミミの統治すべき国である」

これは非常に大きな意味があります。おそらくアマテラスはまだ、スサノオと、自分が生んだ娘たち3人に未練があったのではないでしょうか。でも娘三人のだれかに瑞穂の国(統一王朝)の王位継承権を認めることはできないと決断したことになるわけです。

となると、後は出雲を攻略してオシホミミを王に就けるしか方法はありません。
そこで、アメノホヒやアメノワカヒコを派遣して出雲を懐柔しようとしたのですが、逆に取り込まれてしまったのは既に説明した通りです。

業を煮やした日向国は、とうとう武力行使に踏み切ります。
そのころにはスサノオも年老いて亡くなったか、あるいはアマテラスとの失恋の痛みから隠居生活をしていたのだと思われます。
それに、既に王位は末子スセリビメとその夫のオオナムヂが継承しています。

日向族のターゲットは決まっていますね。出雲族の女王スセリビメとオオナムヂを倒すことです。
しかし悠長に戦争布告をして戦っていたのでは、分がありません。なにしろ紀伊にはオオヤビコ、大和には巨大な軍艦(天の磐船)を持つニギハヤヒことオオトシがいますから、援軍が来る前に奇襲作戦で出雲を攻略しなければなりません。

タケミカヅチを将軍とする選りすぐりの精鋭部隊が出雲国を急襲します。
このとき、どのような激しい戦いが繰り広げられたのかは想像するしかありません。オオナムヂもスセリビメも殺されたのか、あるいは捕えられて牢獄に入れられたのかもしれません。少なくともスセリビメに関する記述は記紀には見当たりません。あくまでもオオナムヂとタケミカヅチの間で話し合い(と言っても一方的にオオナムヂは脅されているわけですが)がなされたことになっています。

この時のやり取りは、古代日本の王たちの系図を知っていると、よりはっきりと理解できるんですね。
タケミカヅチから「国を譲り渡せ」と脅された大国主ことオオナムヂは「私は答えられないので、わが子コトシロヌシに聞いてくれ」と返事をします。つまりオオナムヂは、「私は女王の夫であって王ではないから、決められない。有力な王位継承候補であるコトシロヌシに聞いてくれと言っているわけです。オオナムヂ的には一応辻褄が合っているというか、筋が通っているわけです。だって確かに、あくまでも出雲の女王の夫であって王になったわけではありませんからね。出雲国の決定権はありません。

その時オオナムヂがコトシロヌシの名前を出したのも、よくわかります。コトシロヌシはカムヤタテヒメとオオナムヂの間に生まれた子になっていますが、カムヤタテヒメが何者かまったく記されていないんです。怪しいでしょ。意図的に出自を消しています。『先代旧事本紀』が正しいとすると、コトシロヌシはオオナムヂと宗像三女神の末子タキツヒメとの間に生まれた子ですから、出雲族が統一王朝の筆頭王位継承者として考えていたタキツヒメの子です。日向族が気がかりなのも当然ですね。

でも何かおかしいと思いませんか。正統な出雲王(女王)であるスセリビメの記述がまったくないだけでなく、記紀を隅から隅まで読んでも、スセリビメとオオナムヂの間に生まれた子がいないことになっているんです。

スセリビメの後半生とその子供たちの記録は、記紀から完全に抹殺されている可能性があるんですね。
(続く)

記紀に隠されたスサノオの8王子(その10)

統一王朝の夢破れたところで、日向族、出雲族それぞれの言い分を整理しておきましょう。

アマテラスとスサノオの政略結婚が破たんしたのだから、日向国の王位継承者はオシホミミとなります。一方、出雲国にとってはタギツヒメでもよかったのですが、破たんした結婚で生まれた末子を王位継承者にするのはいかがなものか、という思いがあったのではないでしょうか。そのため、やはりスサノオの末子スセリビメが王位継承者になるべきだとする考えが大勢を占めたはずです。

となると、残された問題は、スセリビメのお婿さんをどうするか、ですね。
既にみなさんご存知のように、並み居る婿候補者から厳格な審査の上選ばれたのが、オオナムヂでした。
その審査の際、オオナムヂはお笑い芸人も真っ青な「無茶振り」をされます。
無茶振りによってヘビに食われそうになったり、ムカデや蜂に刺されそうになったり、焼き殺されそうになったり、もう大変でした。

そのときオオナムヂを救ったのは、まあ才能ももちろんあったのでしょうが、その中東系のエキゾチックな容貌であったと私は考えています。
なにしろオオナムヂは古代ユダヤ人であった可能性が強いですから、きっとスセリビメは一目見て心を奪われたのではないでしょうか。なにしろ最近の研究では、人間はなるべく自分の遺伝子とは異なる遺伝子をもつ異性を好きになることがわかってきましたから。

実際に『古事記』の記述を読むと、最初の出会いから結婚まではまさに電撃的です。スセリビメは御殿の前で「オオナムヂの姿を見て、互いに目を見かわして結婚された」と書かれているんです。

「えっ、目を見ただけですぐに結婚! ちょっと早すぎだろ、それは!!」と突っ込みたくなるような、速攻での結婚です。
しかも、スセリビメはそのことを父親に「事後報告」するわけです。これではスサノオが怒るのも無理はないですね。
だから審査も厳しくなった(婿いびりの嫌がらせが増えた)わけです。

こうして数々の厳しい審査があったのですが、スセリビメの機転もあり、オオナムヂは何とか試練を乗り越えます。
二人の愛がゆるぎないものだと察した(あるいはできちゃったものはしょうがないと諦めた)スサノオは、出雲国の王位継承者の三種の神器であるとみられる生大刀、生弓矢、天の詔琴を二人に与えます。二人は正式に出雲国の王位継承者とその夫になったわけです。ということは、スサノオの8王子とは義理の兄弟ということになりますね。

でも、ちょっと待ってください。オオナムヂが死ぬ思いをしてようやく手に入れたはずの因幡のヤガミヒメはどうしちゃったの、と思いませんか。

ご安心ください。『古事記』はちゃんと、オオナムヂとスセリビメが結婚した後、ヤガミヒメがどうなったか書いてくれています。それによると、ヤガミヒメは無事にオオナムヂと結婚して出雲に連れて来られます。ところが本妻のスセリビメを恐れるあまり、オオナムヂとの間に生まれた子を木の股に差し込んで、因幡に帰ってしまったそうです。で、その生まれた子供の名前はキマタとなりました。

美しい女性と見ればすぐに結婚し、子供を孕ませてしまうオオナムヂは、稀代の遊び人、プレーボーイというわけでしょうか。

しかしながら、オオナムヂにはそれだけの魅力があったのだと私には思われます。というのも、スサノオはもう一人の自分の娘で、王位継承者候補でもあったタギツヒメとの結婚も認めている節があるからです。記紀には書いてありませんが、『先代旧事本紀』では、オオナムヂと結婚してコトシロヌシとタカテルミツヒメを生んだことになっているんです。

もしこれが本当だとしたら、まさに出雲国の王位継承筆頭候補であった二人とオオナムヂは結婚したことになります。これは、スサノオからよほど信頼されていないとできないことです。あるいは王位継承争いが起きないように、二人の王位継承資格のある二人の娘とわざと結婚させたとも解釈することができますね。
(続く)

記紀に隠されたスサノオの8王子(その9)

『古事記』では誓約に勝ったことになっているスサノオがその後なぜ突如暴れ出すのか、私は当初その理由を「誓約に勝ったので奢り高ぶったのだ」と解釈していました。だってそうでしょう。誓約に負けた腹いせで暴れるならわかりますが、勝ったのに暴れ回る理由がほかに見つかりません。

2011年に『「竹内文書」の謎を解く2―古代日本の王たちの秘密』を書いている時も、最初はそのように思っていたのですが、校正・校閲作業中に突然、ある「閃き」が降って来ます。その閃きとは、「本当はスサノオはアマテラスと仲睦まじく、夫婦としてずっと一緒に暮らしていたかったのだ」という内容でした。

これは意外な発想でした。「えっ、そんな事情があったの!?」と。
しかしながら、この事情を知ってさえいれば、なぜ勝ったはずのスサノオがアマテラスの身の回りで「乱暴狼藉」を働いたかがよくわかるんですね。

つまりこういうことです。
和睦によってスサノオはアマテラスと政略結婚します。日向族にとってアマテラスは出雲族のスサノオに人質に取られたわけですね。出雲族から見れば、アマテラスを人質にとってさえいれば、日向族の首根っこをつかんでいるようなものです(このとき日向族から見れば、スサノオが戦いに勝ったのをいいことに傍若無人に振る舞ったと解釈することもできます)。

同時にこの人質事件は、日向族にとっては「天照」という太陽信仰の祭祀王の称号を出雲族に取られたことにほかなりませんでした。つまり「天照」という太陽が消えてしまったわけです。これがアマテラスの岩戸隠れの本当の意味です。

ところがこの人質事件には不測の事態がありました。スサノオが人質のアマテラスのことを本当に好きになってしまったんですね。そしてなんとアマテラスも敵将であるスサノオのことが好きになってしまったんです。二人は愛し合い、三人の女の子が生まれたのはご存知の通りです。

三人の子供に恵まれ、二人はその後仲睦まじく幸福に暮らしました・・・・・・とはならないのが、現実の世界の政治です。

日向族にとっては統一王朝の後継者となるべき王子が生まれなかったのだから、政略結婚は破たん、和睦は無効になったと見るわけです。そこで日向族は、女スパイであるアメノウズメら密使を送って、敵国、すなわち「岩戸」から出てくるようアマテラスの説得工作を開始します。

最初はアマテラスも、愛するスサノオのところから去るつもりはなかったのかもしれません。しかし、日向族の女王として正統な王位継承者をつくらないまま敵国にとどまってしまったら、日向国の将来もありませんね。なにしろ未来を照らすはずのアマテラスが不在なのですから、じり貧になるだけです。日向族のタヂカラヲやアメノコヤネ、フトダマらに半ば強引に説得させられたアマテラスはスサノオの下を離れることを決断します。

この話を聞いたスサノオはアマテラスをなじります。「なぜこんなにも愛し合っているのに、俺を見捨てるのだ」と。どうしてもアマテラスを手放したくないスサノオは、行き場のない怒りをアマテラスの侍従らにぶつけ、当たり散らします。『古事記』ではこのスサノオの「当たり散らし」のせいでアマテラスが岩戸隠れをしたことになっていますが、本当は順番が逆なんですね。アマテラスが「岩戸」を去るので、当たり散らしたというわけです。

自分の思うようにならないので、お皿を投げて割ったり、モノに当たったりする人がよくいますよね。『古事記』が描くスサノオのアマテラスに対する嫌がらせは、まさにこの行動です。

だけどアマテラスの決意は固く、スサノオも泣く泣く日向国に帰ることを認めます。政略的ではありましたが、結婚生活は破たん、統一王朝の夢も消えました。アマテラスは日向国に戻り、スサノオは出雲国にとどまり、日向国と出雲国の勢力抗争も振り出しに戻ります。

ただしアマテラスは確かに日向国に戻りましたが、統一王朝の王位継承者が持つ三種の神器、あるいは十種神宝は出雲族の手にほとんどが渡ったように思うんですね。だから「天照」という祭祀王の神器も後にスサノオの子ニギハヤヒが持つことになるわけです。唯一日向族に渡った神器こそ「草なぎの剣」だったのではないでしょうか。それはスサノオからアマテラスに送った「愛の証」であったと私は見ています。
(続く)

記紀に隠されたスサノオの8王子(その8)

政略結婚で男の子が生まれなかったのだから、日向族にとって王位継承権を持つ王子はアマテラスと高木神の子であるオシホミミとなります。
これに対して、出雲族にとっての王位継承者はだれなのでしょうか。

実はこれには二つ考え方があります。
政略結婚によって生まれた宗像三女神の末子であるタギツヒメが王位継承者であるとする考え方と、スサノオとクシナダヒメの間の末子であるスセリビメが王位継承者であるとする考え方です。

そうなんですね。既にご紹介したように、出雲族では末子相続なんです。しかも男女の区別はあまりしていなかった節があります。ということは、政略結婚で女の子が生まれたのだから、出雲族にとっての「王」はタギツヒメでいいではないかと思った可能性が強いんですね。

ここで解釈の違いが出てくるわけです。双方の言い分が食い違ってきます。
日向族は、長子相続でしかも男の子が王位継承権を持つべきだと考えています。
一方、出雲族は末子相続で「女の子でもいいいじゃん」と考えているわけです。

やはり離婚でもめないようにちゃんと契約書を作っておけばよかった・・・・・・もちろんこれは冗談ですからね。

でもアマテラスとスサノオは、三女神が生まれた後、実際離婚してしまいます。これは後で詳しく話しますが、多分本当の話です。

とにかく日向族にとっては、タギツヒメを王位継承者にしようなどという出雲族の言い分を受け入れることはできなかったわけです。「末子の女の子に王位をつがせるぐらいなら、うちの息子のオシホミミを王位に付けます」というような感じでしょうか。

何となく離婚の原因もわかってきたでしょう?
そして勘のいい読者の方ならお気づきでしょうが、これが「天の岩戸隠れ」の真相なわけです。
(続く)

記紀に隠されたスサノオの8王子(その7)

日向族が持っていた祭祀王の称号であるアマテラス(天照)を、なぜ出雲族のニギハヤヒが持っていたかについても論述しなければなりません。

大まかな流れ次のようであったと思われます。スサノオとアマテラスの誓約により、曲がりなりにも統一王朝への道が開けたわけです。ところが、政略結婚によって生まれた子供は宗像三女神だけで、王子はいませんでした。

この辺りのことに関連して『日本書紀』には、アマテラスが誓約(政略結婚を決めた和睦)の際、スサノオに「お前がもし悪い心がないならば、お前の生む子はきっと男性だろう。もし男を生んだら私の子供として、高天原を治めさせよう」と言ったと書かれています。

この言葉が示す意味は、もしアマテラスとスサノオの間に男の子が生まれれば、その子を統一王朝の王にしようという双方の合意があったのではないかということです。

ところが既に論述したように、日向族の「アマテラス」と出雲族のスサノオの間には男の子は生まれなかった。
では、男の子が生まれなかった場合はどうするのか――。私が推測するに、その場合の取り決めがなかったのではないかと思うんですね。

日向族はおそらく、政略結婚の結果、王子が生まれなかったのだから、高木神とアマテラスの間に生まれた長男オシホミミが日向族の正統な王であると主張したはずです。その言い分(根拠)について『日本書紀』ではスサノオが「誓約の中で女を生めば黒い心があると思ってください。男を生めば赤い心ありと思ってください」と言ったことを挙げています。

まず、黒い心は邪心のことだと思いますが、「赤い心って何よ」と思いますよね。前後の文脈から言って「清らかな心」という意味だと思われます。でも、そもそも誓約というのは「占い」という意味ですから、生まれた子供が男か女かで賭けをしたと解釈することができますね。「赤か黒か」「長か半か」。日向族から見れば、スサノオはその賭けに負けたわけです。だからオシホミミが正統な王であると主張したんですね。

一方、出雲族の言い分は『古事記』の記述の中にあるように思われます。『古事記』では、スサノオはアマテラスに対して「私の心が潔白である証拠として、私の生んだ子は優しい女の子でした。この結果から申せば、当然私が誓約に勝ったのです」と告げるんですね。

「えっ、それってまったく逆じゃん」と、みなさんも思われますよね。そうなんです。記紀ではまったく逆の解釈が紹介されているんですね。日向族は政略結婚の結果、男の子が生まれなかったからスサノオの負けとしました。ところが、出雲族は女の子が生まれたからスサノオが勝ったとしたわけです。

「こんなことなら、男の子が生まれなかった時のことをちゃんと和睦の契約書に書いておけばよかった」と当事者が思ったかどうかはわかりませんが、とにかく誓約の解釈をめぐって両者の対立が浮き彫りになってくるわけです。
(続く)

記紀に隠されたスサノオの8王子(その6)

オオトシが三輪山の神である大物主であることはわかってもらえたと思います。大物主が大国主ことオオナムヂではないかとの説もありますが、オオナムヂを助けたのが大物主ですから矛盾してしまいます。ただし大国主も大物主も称号のようなものですから、オオナムヂが大国主のほかに大物主という称号を持っていたという可能性はあります。ただしその場合でも、三輪山の大物主はオオトシということになります。

その三輪山の大物主ことオオトシとニギハヤヒを結びつけるのが、『先代旧事本紀』に「天照國照彦天火明櫛玉饒速日尊」(あまてる くにてるひこ あまのほあかり くしたま にぎはやひ の みこと)と記されているニギハヤヒの正式名称です。
この正式名称がとにかくすごいです。

何がすごいかと言うと、アマテラスの称号が入っていることです。アマテラスは「祭祀王」という意味の可能性が極めて高いです。よくアマテラスは男神であったのではないかという「アマテラス男神論」を見受けますが、祭祀王の称号ですから別に女性がやっても男性がやっても構わなかったのではないでしょうか。つまり男神のときもあれば女神のときもあったわけです。ではなぜ日向族の祭祀王の称号をニギハヤヒがもっていたのかが、問題ですね。それはこの後触れます。

その前に、ニギハヤヒの正式名称の分析を続けましょう。国照彦も称号だと思われます。天照が太陽の神なら国照は大地の神ですね。私はこれを「政治王」の称号であると見ました。

次の天火明はおそらく「軍事王」の称号です。正統竹内文書の口伝によると、オオナムヂの国作りを三輪の神が助けた『古事記』の記述は、実は琵琶湖で敵軍に追い詰められ窮地に陥ったオオナムヂを、オオトシが軍艦に乗って駆け付けて助けたときの話なのであるといいます。そう解釈すると、「海上を照らして近づいてくる神」の意味が分かって来ます。煌々と火明かりをつけた軍艦が援軍として到着した情景であることになるんですね。

櫛玉も極めて重要な称号です。三輪山の大物主の別名が、倭大物主櫛甕魂命(ヤマトオオモノヌシクシミカタマノミコト)。『出雲国造神賀詞』では大物主櫛甕玉といいます。このことからもニギハヤヒと三輪山の大物主(オオトシ)が同一人物であることの傍証になります。でもそれよりも、この櫛玉と聞いて、何かを思い出さないでしょうか。私がすぐにピンと来たのが、スサノオが娶ったクシナダヒメです。このとき初めて「櫛」の称号が出てくるんですね。それにプラスして勾玉の「玉」。越の国と関係のある巫女、つまり神降ろしの称号か、陰陽師のような能力者の称号ではないかと私は見ます。

そのものすごい称号を持つニギハヤヒですが、『日本書紀』などの記述によれば、神武東征に先立ち、アマテラスから十種の神宝を授かり天磐船(軍艦)に乗って河内国(大阪府交野市)の河上の地に天降り、その後大和国(奈良県)に移ったとされています。つまり大和地方の王であり、「近畿王」であったわけですね。

その大和の三輪山の神がオオトシなんですから、地政学的に言って、まず間違いなく同一人物です。

ここに来て、スサノオが事実上の天下を取った後、その王子たちがそれぞれどこの領土を得ていたかがおぼろげながらわかって来ます。紀伊国がオオヤビコ、大和国がオオトシことニギハヤヒです。出雲国と越の国は末子スセリビメを娶ったオオクニヌシことオオナムヂが実質的に支配していたのではないかと思われます。そして名実ともに統一王的な力を持っていた、つまりあらゆる称号を兼ね備えていたのが大和国のオオトシであったのではないでしょうか。

実は『古事記』を丹念に読むと、『古事記』編纂者がポロッとこの事実を漏らしてしまっている個所があるんですね。
オオナムヂが正妻のスセリビメを出雲において大和の国に出発する場面で、なんと「出雲から大和国へお上りになる」という表現を使ってしまっているんです。これはどう考えてもおかしいです。なぜなら神武が東征する前には大和国などなかったはずですから。しかも葦原中国は出雲であって、大和ではない。オオヤビコのいる紀伊国は出てきますが、大和国の記述などまったく出てきていないんです。なのに出雲国から大和国に「上る」ということは、当時大和国が実質的な統一国家であったことを知っていたので、うっかり「上る」と書いてしまったと読めるんですね。つまり、出雲の王オオナムヂが義理の兄で実質的な統一王であった大和国のオオトシのところに参上するので、「上る」と自然に書いてしまったわけです。

口伝継承者の竹内氏によると、記紀の編纂者が最も系図改竄で苦労したのが、ニギハヤヒの存在をどう隠すかであったといいます。どうやらその背景には、アマテラスとスサノオの誓約により、「天照」という祭祀王の称号がニギハヤヒに取られてしまったということがあるようです。当時の日本の正統な王はニギハヤヒである可能性が高いわけです。なにしろ『日本書記』によると、真の王の印である「十種の神宝」まで持っているのですから。

記紀編纂者がその事実を隠したいのは当然ですね。そこで「天照國照彦天火明櫛玉饒速日尊」を三つに分けたのだと竹内氏は言います。すなわちニギハヤヒの別名であるオオトシを出雲族のスサノオの息子として系図に残し、「天火明」を日向族のオシホミミの長男にしたり、ニニギの子にしたりして日向族の系図に組み入れ、ニギハヤヒという名前のみを、神武東征の際に「ニニギに先立って降臨した天孫族」ということにして、ニギハヤヒの素性を隠したわけです。
(続く)

記紀に隠されたスサノオの8王子(その5)

記紀がなぜ、スサノオの8王子の中でオオトシだけ特別扱いしたのかは、簡単です。
神武東征の際、ニギハヤヒとして登場し近畿王の地位を日向族の神武に実質的に明け渡したのが、スサノオの4男オオトシということになっているからです。「なっている」と書いたのは、神武東征の時代にニギハヤヒことオオトシが生存していたのか不明のためですが、ニギハヤヒことオオトシが近畿王として君臨したのは間違いのない事実です。それは記紀にも書かれています。

どうしてそう言えるかというと、まず三輪山に君臨している神とされる大物主は間違いなくオオトシのことです。
そのことを『古事記』は実に巧妙に記述しています。
オオナムジが国作りをしているとき、参謀のスクナヒコナが亡くなって途方に暮れていると、海上を照らしながら近寄ってくる神が登場します。このとき、この神は窮地に陥っていたオオナムジを助けるんですね。それに感謝して、オオナムジは大和の三輪山にこの神を祭り上げます。三輪山の神とは大物主のことです。

で、『古事記』ではここで突然、「オオトシの神裔」を挿入するんですね。神裔とは、その神の子孫がどうなったかを示すものです。だけど、読者はまったく呆気にとられます。「なぜ、ここでオオトシの神裔があるんだ」と。

『古事記』等で「神裔」が入る場合、直前にその神の活躍が描かれるのが常なんですね。たとえば「スサノオの神裔」は、スサノオが八岐大蛇を「退治」し、クシナダヒメを娶って、須賀に宮を建てた直後に挿入されています。

ところがオオトシの場合は、オオトシの名前が全く出て来ないのに突然「オオトシの神裔」が挿入されているんですね。どう考えてもおかしいです。

でもこれが『古事記』編纂者のトリックなんですね。
ちゃんとオオトシの活躍を描いていたんです。三輪山の神こそオオトシのことであることを『古事記』編纂者は当然知っていました。だけど出雲族のスサノオの子であるから、あからさまに名前を出すわけにいかなかったので、「海上を照らし近寄ってくる神」とか「御諸山(三輪山)に鎮座しておられる神」としか書かなかったというわけです。そもそも神の名前をあえて書かないというのは不自然極まりないでしょ?

おそらく記紀編纂当時、三輪山の神とされる大物主がスサノオの子であるオオトシであることは「常識」であったと推察されます。だからこの「オオトシの神裔」の「突然の挿入」もなんらおかしなことはなかったわけです。仮に「常識」でなくても、読む人が読めば「三輪山の神はオオトシのことなんだ」とわかるように、三輪山の神の話の直後に「オオトシの神裔」を挿入したわけです。そして少なくとも私たち読者は、そのように読むべきなんですね。

次は大物主ことオオトシがなぜニギハヤヒなのか、を説明したいと思います。
(続く)

記紀に隠されたスサノオの8王子(その4)

2011年12月に『竹内文書の謎を解く2--古代日本の王たちの秘密』(成甲書房刊)を出版した際、太田亮の『系図綱要』を基にしてスサノオの8王子の長男はオオヤビコことイソタケルにしました。その後2012年に、竹内氏からオオヤビコが次男であるという説を聞いて、面白いことを言うなと思いました。

正統竹内文書の口伝が必ずしも真実とは限りませんが、十分に、考察する価値はあるはずです。
では記紀から抹消されたスサノオの長男とは誰なのか。

仮にオオヤビコとアオハタサクサヒコが同一人物でないとした場合、長男の有力候補はクシナダヒメとの間に生まれたヤシマジヌミです。ただし『日本書紀』を信じれば、クシナダヒメを娶る前にイソタケルが父とともに出雲地方に「天孫降臨」したことになっており、矛盾します。

つまり記紀や『出雲国風土記』を丹念に読んでも、本当の長男が誰なのか、わからないようになっているんですね。
でも、悪戯好きな記紀編纂者なら、どこかに名前を隠したかもしれません。

ここからは連想ゲームです。
記紀に出てくる神で、私がスサノオの長男ではないかと思っている人物は二人います。
一人は葛城一言主大神であり、もう一人は猿田彦です。この二人は、出自がまったくわからないんですね。

出自がわからないという点では大国主ことオオナムジも同じですが、オオナムジは候補にはなりえません。確かに『日本書紀』の一書にはオオナムジがスサノオの子であったとも書かれています。でも、そもそもスサノオの娘婿ですから、矛盾もいいところです。『日本書紀』にはスサノオの六世の孫との記述もありますが、スサノオの娘と結婚させておいてそれはないだろうと思いますよね。

大国主の話はさておいて、一言主とサルタヒコをなぜ候補に挙げたかの根拠を説明しましょう。
葛木一言主については、時代はかなり下りますが、雄略天皇の時代に天皇と匹敵するほどの威光を放った神として記紀に登場します。これは見逃せません。と言うのも『古事記』では「天皇は恐れ入り、弓や矢のほか、官吏たちの着ている衣服を脱がさせて一言主神に差し上げた」と書かれているぐらいですから、まさに天皇を上回る人物として描かれているからです。只者ではないですよね。

何者なのか--。
『続日本紀』では一言主は「高鴨神」とされています。つまり賀茂氏が祀っている神なんですね。賀茂氏の祖がアヂスキタカヒコネ(タケツノミ)で『系図綱要』ではスサノオの子であるヤシマジヌミの系列ですから、スサノオと何らかの関係があったことがうかがえるんですね。太田亮は根拠を示していませんが、葛木一言主を次男として系図に入れています。

また葛木一言主はアオハタサクサヒコとの関連も深そうです。昨日説明しましたが、青旗は葛城山にかかる枕詞でもあります。
ただし一言主はおそらく名前ではなく官職名ですから、スサノオの王子ならだれもが一言主になれた可能性はあります。

それではサルタヒコはどうか。
これも謎の人物です。時はやはり下って、日向族のニニギが天孫降臨する際に行く手をふさいだ異形の神として描かれています。天孫降臨の行方を左右するぐらいですから、やはり只者ではありません。サルタヒコも怪しいですよね。

「サル」という名前で面白いのが、実はスサノオとクシナダヒメの間に生まれたヤシマジヌミの別名が『日本書紀』の一書(第一)に「サルヒコヤシマシノ」または「サルヒコヤシマノ」などと頭に「サルヒコ」と書かれていることです。サルタヒコを連想させる名前ですよね。

結局のところ、スサノオの長男が誰なのかはわかりません。ただ言えることは、どうやら記紀はスサノオの8王子の系図を意図的に隠したということです。それでもスサノオの「四男」と見られるオオトシに関しては、かなりヒントを残してくれました。
(続く)

記紀に隠されたスサノオの8王子(その3)

記紀に4人、『出雲国風土記』に5人の名前が記されているスサノオの「王子」をどう考えればいいでしょうか。
いろいろな解釈が考えられます。

一番手っ取り早いのは、8人ではなく9人であったのだ、とすれば一応解決します。八王子ではなく九王子。
しかし、あくまでもスサノオの王子は8人であったのだという説に固執すれば次のような解釈が考えられます。

第一に、記紀に出てくる4王子のうち、ウカノミタマが王子でなく王女であったと考えることです。
ウカノミタマは倉稲魂とも書くことからわかるように穀物の神です。実は名前や記紀の記述からは性別がわかりません。今風に言えばオカマとかゲイ、あるいは中性ということもありうるのかもしれませんが、女神だとする説も強いんですね。
これで記紀に3人、『出雲風土記』に5人の計8王子となり、一件落着したではないか、と思われるかもしれませんが、話はそう簡単ではありません。

記紀に出てくる王子と『出雲風土記』に出てくる王子が重複しているかもしれないからです。
そのカギを握るのがアオハタサクサヒコではないかと思うんですね。
青旗(アオハタ)とは、青々と木の茂るようすが青い旗のように見えるところから 地名の「木幡(こはた)」や「葛城(かづらき)山」「 忍坂(おさか)山」にかかる枕詞なんですね。『出雲国風土記』意宇郡大草郷の由来として、青幡の佐久佐丁壮の命が鎮座したことから大草となったと書いてあります。
また、大原郡高麻山の説明では、「神須佐能袁の命の御子、青幡の佐草壮(丁)命が、 この山の上に麻の種を初めて蒔かれた。だから、高麻山という。なお、この山の峯に鎮座されているのは、その神の御魂である」とあります。

この記述を読むと、日本全国に植樹や種まきをしたとされる紀伊国の神オオヤビコことイソタケルに非常によく似ています。
もしアオハタサクサヒコがオオヤビコと同一人物であれば、一人足りなくなってしまうんですね。

さらに言えば、スサノオの八王子にはもう一つ重大な秘密が隠されているようです。「正統竹内文書」の口伝継承者であるという第73世武内宿禰こと竹内睦泰氏によると、オオヤビコはスサノオの二男、オオトシは四男であると伝わっているからです。

私が古代日本の王たちの系図を語るとき、必ず参考にするのが、大正時代に発行された太田亮の『系図綱要』です。その『系図綱要』をもってしても、スサノオの長男はオオヤビコとなっているのに、竹内氏は別に長男がいると言うんですね。

このように誰もがスサノオの長男であると思っているオオヤビコ(イソタケル)には実は兄がいたのだという話が出て来たときには、要注意です。得てしてそのほうが真実であることが多いんですね。そもそもオオヤビコの母親が誰であるか、記紀に記されていないところが怪しいです。記紀ではオオヤビコの母親を記録から抹殺しただけでなく、スサノオの長男もまた消してしまった可能性があるんですね。

次回はスサノオの長男は別にいるのか、いるのだとしたら誰なのかについて考察してみましょう。
ご参考までに『出雲国風土記』に記された他の四王子がどのように記述されているかを掲載しておきます。

ツルギヒコ
「出雲国風土記」嶋根郡山口郷の由来に、「須佐能袁の命の御子、都留支日子の命がおっしゃったことには「わたしが治めている山の入口の所である」とおっしゃった」とあります。

イワサカヒコ
『出雲国風土記』秋鹿郡恵曇(えとも)郷の由来に、 須作能乎の命の御子である磐坂日子の命が、国内をご巡行になった時に、 ここにお着きになっておっしゃったことには、 「ここは、地域が若々しく端正な美しさがある。土地の外見が絵鞆(えとも)のようだな。わたしの宮は、この所に造り、祭り仕えよ」 と仰せられたとあります。

クニオシワケ
方結神社の祭神国忍別命(くにおしわけのみこと)がその昔、片江浦にたどりついた時、すでに暮れも押しつまっていて餅つき道具を片付けたあとだったので、膝でついたとの伝承があります。
国忍別(くにおしわけ)命、詔りたまひしく、「吾が敷き坐す地は、国形宜し」とのりたまひき。故、方結といふ、という記述もあります。

ツキホコトオテルヒコ
衝桙等乎与留比古(つきほことをよるひこ)命、国巡り行でましし時、此処に至りまして、詔りたまひしく、「吾が御心は、照明く正真しく成りぬ。吾は此処に静まり坐さむ」と詔りたまひて、静まり坐しき。故、多太といふ、とあります。
(続く)

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR