神々の山を訪ねて20(梵珠山)

梵珠山。

DSC_0680-1_20140929112902d53.jpg

青森市と五所川原市に跨る標高468mの山です。
「梵珠」は、三人寄れば文殊の知恵の文殊菩薩の「文殊」と、ブラフマンとも呼ばれる宇宙最高の原理、あるいは神を意味する「梵」を組み合わせた造語です。「珠」は丸い玉のことですね。

宇宙の最高原理、もしくは最高神が宿る、丸い玉のような山と名付けられた山ですから、すごいです。まさに宇宙エネルギーの山? それと関係するかもしれませんが、梵珠山には、古くから不思議な発光現象の目撃談が伝わっているそうです。

三つのコブがあるように見える山容からは火のエネルギー、麓に松倉神社があることからは木のエネルギーが感じられます。

山頂近くには、かつて寺が建っていたとされる「寺屋敷跡」という鞍部があり、この一角に古い塚があります。
「竹内文書」によると、仏教の開祖・釈迦牟尼は来日しており、一部の竹内文書研究家はこの塚こそ釈迦の墓であるとしています。一方、「正統竹内文書」では、釈迦は確かに来日にしているがインドに帰っており、梵珠山の墓は釈迦の十大弟子の一人で、実子でもあったラーフラの墓であると言います。いずれにしても、仏教との深い縁がある山であることは間違いなさそうです。
スポンサーサイト

神々の山を訪ねて19(十和利山)

青森県・十和田湖の東にそびえる十和田三山の一つ、十和利山。

DSC_0422-1.jpg

戦前、古史古伝の「竹内文書」を公開した竹内巨麿が「世界最古のピラミッド」と断言した山でもあります。
ご覧のように非常に綺麗なほぼ円錐形の山に見えます。
古来、神の山とされたのもうなずけますね。
正統竹内文書によると、十和田湖の「トワ」はキリストの別名だとか。

十和田湖のイメージからは金のエネルギー、十和利山の「り」の音からは火(離)のエネルギーが感じられます。
この近くのドコノ森からは線刻文字を印した石板のような石が多数見つかっています。

神々の山を訪ねて18(黒又山)

クロマンタと呼ばれる秋田県の黒又山。

DSC_0316-1.jpg

大湯環状列石の北北東に鎮座しています。写真もその大湯環状列石から撮影しました。

黒という名前が付いていますから、方角は北で、滝など流れる水のエネルギーを象徴しています。
この黒又山の秘密を知る人は少ないですが、間違いなくピラミッドと呼べる、少なくとも加工された山です。
古代人がなぜこの場所に黒又山を配置したのか、その理由が明らかになる日も近いと思っています。

神々の山を訪ねて17(岩木山)

津軽平野に屹然としてそびえる岩木山。

DSC_0647-1.jpg

前回紹介した靄山からでも岩木山を目視することができます。
それほど存在感のある山なんですね。

DSC_0648-1_201409251055241ac.jpg

八甲田山のほぼ真西にあり、春分と秋分の日には太陽がお互いの山頂に昇ったり沈んだりするわけです。
古代人はこの春分秋分ラインを使って、測量をしておりました。

名前から木のエネルギー、遠くからでも目立つという意味から火のエネルギー、安定した存在感からは土のエネルギーを感じます。

神々の山を訪ねて16(靄山)

今日紹介する山も、富山の尖山のように綺麗な円錐形の山です。

こちらの山。

DSC_0629-1_201409240012475d8.jpg

津軽半島の靄山です。

DSC_0639-1.jpg

まるで日本のシルベリー・ヒル。
私は靄山人工ピラミッド説を採っています。

「靄」から受けるイメージは風。
風の両側に相当する木と火のエネルギーが強いように思われます。

神々の山を訪ねて15(大山)

雨乞いで知られる神奈川県の大山。

PC121003-1.jpg

一名、雨降山とも呼ばれます。標高1252メートル。
非常に存在感のある山で、東から見ても西からも見ても、その雄大さに圧倒されます。

神代文字で記された岩が山中にあることでも有名。大山阿夫利神社にも神代文字が伝わっています。
古来、水のエネルギーを強く感じた山なのだと思います。

神々の山を訪ねて14(寝姿山)

伊豆の下田富士から見た武山。

DSC_0459-2.jpg

武山は、女性が仰向けに寝そべった形から名づけれらた寝姿山の頭にあたる山です。
そして既に一度紹介しましたが、下田富士の頂上から武山を見ると、ちょうど武山の両脇に円錐形の利島と鋭角なピラミッド型の鵜渡根島が見えるようになっているわけです。
ちょっとコントラストを変えて、遠方の水平線上に見える二つの山を浮かび上がらせてみましょう。

DSC_0461-2.jpg

左側の利島は、まるで海上の富士山のように綺麗な円錐形の山に見えます。
そして右側の鵜渡根島をもっと拡大すると、こうなります。

DSC_0461-02.jpg

まさに海上のピラミッドと名付けたくなるような島に見えます。
しかも島の周りに突き出た岩もピラミッド型になっています。

寝姿山は女性に見立てれば、土のエネルギー、利島もやはり海のイメージから母なる大地の土のねるぎー、鵜渡根島はシャープな三角形であることから火のエネルギーを持っているでしょうか。

神々の山を訪ねて13(下田富士)

伊豆半島のほぼ先端にある下田。
黒船の来航で知られるこの町にそびえるのは、下田富士です。

DSC_0569-1.jpg

この非常に均整のとれた円錐形の山は、まさにピラミッド。
ただし、写真の手前側の斜面は登りやすいように、やや階段状になっています。

以前説明したように、この頂上からは寝姿山の頭の部分に当たる武山の左右に、ピラミッド型の利島と鵜渡根島がはるかかなたの海上に見えるような仕組みになっています。

下田富士は、その形から火のエネルギー、名前からは金のエネルギーを持っていることがわかります。
東や上空から見た場合は前方後円墳となりますから、土のエネルギーも併せ持っているのではないかと思われます。

来航したペリーをまず出迎えたのが、このピラミッドだったわけですね。

神々の山を訪ねて12(尖山)

北アルプス立山のふもとにある”古代日本のピラミッド”の尖山。

尖山2

晴れた日には20キロ離れた富山市からでもはっきりと見ることができます。
今から30年前。山頂でUFOを呼ぼうと、有志を募って夜中に尖山に登ったことがあります。
すると途中で雨が降り出して全員ずぶぬれに。
ところが山頂に着くと、尖山の上だけぽっかりと晴れて星空となっておりました。
その時、尖山から夜空に向かってものすごいエネルギーが吹き上がっていたのではないかと思われました。
ただし、その間も雨は横殴り状態。
風邪を引くと困るのでUFOを見ることもなく早々に下山しましたが、とても不思議で面白い経験でした。

私にとって水(雨)のイメージが強い尖山ですが、三角形の形から言って火のエネルギーを持っているようです。
麓の天林は土と木のエネルギーでしょうか。
私の古代史研究の原点となった山でもあります。

蝶のように・・・

蝶のように飛ぶトンボを発見。

IMGP4195-1.jpg

その名もチョウトンボです。

IMGP4196-1.jpg

昨日紹介した近江の船岡山で撮影しました。

神々の山を訪ねて11(船岡山)

昨日紹介した名もなき円錐形の山の南西に300メートルほど離れた場所にある船岡山(滋賀県東近江市)。

IMGP4193-1.jpg

水田にその長い舟形の体を横たえています。
まさに水に囲まれた船の丘でしょうか。

額田王の「茜さす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖ふる」と大海人皇子の「紫草のにほへる妹を憎くあらば人妻故にわれ恋ひめやも」という相聞歌で有名な近江・蒲生野にあります。

標高は152メートル。平地からの高さも35メートルしかありませんが、山頂からは蒲生野一帯を見渡すことができます。
船の形からは金のエネルギーが、水田を海原に例えるならば土のエネルギーが、蒲生野の地名(火傷に効くガマの自生地)からは木のエネルギーが感じられます。

平安京が船岡山と甘南備山を結んだ直線を主軸にして造営されたように、この船岡山と近江富士を結んだ直線にも意味があるように思われました。

神々の山を訪ねて10(箕作山麓のミニピラミッド)

近江富士から北東に14キロはど離れた場所にある箕作山。

IMGP4185-1.jpg

その麓にある円錐形の山に着目しました。上の写真で右端の方にみえる小さな山です。

IMGP4194-2.jpg

国土地理院の地図で最初に等高線を見たときに、あまりにも綺麗な円錐形なので驚きました。
名前のない標高175メートルの山ですが、平地面からの高さは65メートルほど。耳成山と同様に十分に建造できる高さです。

この近くには太郎坊山という尖った円錐形の山もあります。
山の形からすると、太郎坊山は火のエネルギーで、この小さな名もなき円錐形の山は土のエネルギーでしょうか。

神々の山を訪ねて9(伊吹山)

琵琶湖周辺には神々の山が多く屹立しているように思います。

こちらの山々も実に神々しいです。

IMGP4163-1.jpg

手前に鋸のようにギザギザの山が4つ連なっておりますが、一番右はおそらく標高333メートルの長命寺山。その次の一番高い山は、標高425メートルの山だとみられますが、国土地理院の地図には名前が書いてありません。その左に標高356メートルの山と348メートルの山が続きますが、どれも地図には名前が記されておりませんでした。

そして一番大事なのは、この鋸の歯のような山々の背後にうっすらと浮かび上がっている台形状の山です。

IMGP4163-2.jpg

その形状や大きさ、方角から標高1377メートルの伊吹山だと思われます。

伊吹山は古くから神の宿る霊峰とされ、ヤマトタケルが東征の帰途に伊吹山の神を倒そうとして返り討ちにあった話も伝わっています。

伊吹という名前からは風を連想します。手前の波打つ鋸の歯のような山々と合わせると風のエネルギーが強そうです。
ですが、風は五行には入っていません。

では何のエネルギーかというと、伊吹大明神が『古事記』で白いイノシシであったとしていることから、金のエネルギーを持っている可能性があります。『日本書紀』の大蛇説を採用すると、再び風のエネルギー。信長により山上に野草園が造られたことを重視すれば、木のエネルギーも持っていたことになります。

このように山の古来の呼び名などから、その山のもつエネルギーを推測することができます。

神々の山を訪ねて8(耳成山)

大和三山の一つ耳成山。

IMGP4092-1.jpg

三山どれも神々の山ですが、耳成山は私の目から見れば間違いなく人工の山、少なくとも円錐形に加工された山です。
”FBI超能力捜査官”として有名なマクモニーグルも耳成山を訪れた際、「(古代の)人々が山を造っているのが見える」と霊視したとか。

「耳」という名や、藤原宮の北にあることから、水のエネルギーを強めるために造ったことがわかります。
詳しいことはまた別の機会で説明します。

神々の山を訪ねて7(三上山・海住山)

740年から744年まで聖武天皇が滞在した都・恭仁京。

その都の大極殿のあった恭仁宮の北を守るのは海住山でした。その中腹には海住山寺があります。

IMGP4122-1.jpg

ところが海住山と言う名前の山は国土地理院の地図には載っていません。
おそらく海住山寺のさらに奥にそびえる三上山のことを指しているのだと思います。

IMGP4127-1.jpg

山頂はここからは見えておりません。
三上山ですから、すなわち御神山、神々が宿る山ですね。
火のエネルギーと土のエネルギーを持っていると思われます。

神々の山を訪ねて6(青根ヶ峰)

青根ヶ峰。

IMGP4062-1.jpg

一番奥に見える山がそうです。手前右側が『万葉集』にも歌われる象山(かたやま)。左奥の三角形の山の名前はわかりませんが、気になる山ですね。写真には写っておりませんが、左手前には同じく『万葉集』によく歌われる三船山があります。

青根ヶ峰をもうちょっと拡大します。

IMGP4062-21.jpg

青根ヶ峰は大峰山脈北部、奈良県吉野郡吉野町の吉野山最南端にある標高858メートルの山です。
古くから神奈備山として崇められ、万葉集には

み吉野の 青根が峰の 苔蓆(こけむしろ) 誰か織りけむ 経緯(たてぬき)無しに
—作者未詳

と詠まれています。

山の水は東へ流れると音無川となり蜻蛉の滝を経て吉野川に合流、北は喜佐谷川(万葉集に歌われる象の小川)で桜木神社を通り吉野宮跡とされる宮滝の対岸で吉野川に流れ、西は秋野川となり下市の町並みを通り吉野川に注ぎ、南は脇川で、黒滝川、丹生川となり五條市で吉野川に至ります。そのため古来、水分山(みくまりやま)とも呼ばれました。分水嶺の山なんですね。水が湧き出る神の山。
水のほかに木のエネルギーがあるように思われます。
古代人が神の山とした理由がよくわかります。

神々の山を訪ねて4(妹背山)

吉野の妹山と背山。

IMGP4031-1.jpg

上の写真で左の尖った山が妹山で、対岸のすぐ右に見えるのが背山です。
柿本人麻呂は万葉集の中で明確に、この二山が神が造ったと歌っています。

大汝少御神の作らしし妹背の山を見らくし良しも
(オオナムチとスクナヒコナの二柱の神がお作りになられた妹背の山を見るのはいいものだ)

紀伊の妹背山ではないかとの説もありますが、特に吉野の妹山のこの威容を見れば、吉野の妹背山であるとの説に傾くはずです。

IMGP4032-1.jpg

伊豆の下田富士、富山の尖山に匹敵するような山容を誇っています。
また、妹山と言う名前からは土のエネルギーが感じられます。
そしてこの山の麓には柿本の歌で詠まれたように大名持神社があります。
社伝によると、貞観元年(859年)正月27日に正一位の神階を授けられたということです。

もちろん歌だけが証拠ではありません。
妹山には重大な秘密が隠されていますが、それは別の機会に明らかにしたいと思います。

神々の山を訪ねて4(甘南備山)

京都の南に座す甘南備山。

IMGP4010-1.jpg

「かんなび」というぐらいですから、当然神様が鎮座する山です。
京都の南にあるということは、おそらく火のエネルギーを京に引き込もうとしたのだと思います。
あとは水のエネルギーと土のエネルギーでしょうか。
京都大学教授の宮崎興二氏が指摘しているように、平安京はこの甘南備山と、平安京・大極殿の北に座す船岡山を中心軸にして造営されました。
そう考えないと平安京の傾きが説明できないんですね。

その船岡山から甘南備山の方角を見ると、こうなります。

IMGP3964-1.jpg

おそらく中央奥に霞んでいる山が甘南備山ではないでしょうか。
船岡山と甘南備山という二つの高みを結んでできたのが、京都ということになります。

神々の山を訪ねて3(愛宕山)

京都の北東を守護するのが比叡山なら、北西を守っているのは愛宕山。

IMGP3953-1.jpg

左奥に見えるのが愛宕山です。
もうちょっと拡大すると・・・

IMGP3952-1.jpg

頂上付近が丸いタンコブのように上に突き出ているのが目印です。
雷神を祀っていることを勘案すると、木のエネルギーを持っているとみられます。
それから火と土のエネルギーも。

京田辺市にある甘南備山から見ると、京の両翼に二つの角のような山が守護神として鎮座していることになります。

神々の山を訪ねて2(比叡山)

平安京(京都)の北東を守護する比叡山。

IMGP4003-1.jpg

京の鬼門を守っているためか、山頂は尖って、鬼の角のような形をしています。

山嶺に2高所あり、東を大比叡、西を四明岳と言います。
比叡山自体は火のエネルギーと土のエネルギー、四明岳は木のエネルギーを兼ね備えているようです。

写真は宝ヶ池から望んだ比叡山。
宝が池の周りにも神々が宿る山がいくつもあるように思われました。

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR