UFOとシンクロニシティ

ずいぶん昔の話で恐縮ですが、今年の1月17日に『正統竹内文書の日本史「超」アンダーグラウンド3』の出版パーティー兼新年会を新宿で開催しました。その時、面白い数字のシンクロがあったことに気が付きます。

実はそれに先立つこと一カ月ほど前の夜中、新年会出席者のSさんから突然、電話がかかってきたことがあったんですね。なんと夜中の二時過ぎです。いったいなんだろうと思って電話に出ると、今、高田馬場でUFOが出ているので是非私に知らせたかった、とのことでした。最初は酔っぱらった勢いでふざけて電話してきたのかと思ったのですが、様子を聞くとどうやら本物のUFOのようです。しかも目撃者はS氏、T氏、M氏の三人。ただ残念ながら、私の家から高田馬場上空に飛んでいるUFOを見るのは、ちょっと難しいようでした(笑)。

その時はそれだけの話で終わったのですが、その新年会であの電話があった日が2012年の12月26日未明であったことに気が付かされます。携帯電話の受信履歴を確認すると、確かに12月26日の午前2時26分に通話を終了しておりました。

12月26日! しかも2・26!?
実は本でもちょっと触れましたが、時を遡ること2年前の2011年の12月26日。「正統竹内文書の日本史」鼎談シリーズを出版すべく秋山眞人氏と竹内睦泰氏、それに私の三人が初めて出会ったのがその日だったんですね。だから12月26日は鼎談記念日でもあるわけです。そして既に当ブログでもお知らせしましたが、昨年(2012年)の12月26日が実際に全国の書店にシリーズ三冊目の本が並び始めた公式の出版日であり、その日の未明にUFOが出現したことになります。

このようなシンクロは2011年に『「竹内文書」の謎を解く2――古代日本の王たちの秘密』(成甲書房刊)を出版した時にもありました。この本の実際の出版日がなんと竹内氏の誕生日だったんですね。

こうしたシンクロが起きる場合、別の世界の力が働いているように思います。それが霊団とか天の計らいと呼んでいいのかどうか断定はできません。でも直観的には間違いなく、目に見えない別の世界のエネルギーの成せる業です。

高田馬場上空のUFO出現も、明らかにそのことを知って現れているように感じられます。秋山氏の言葉を借りると、「(鼎談を)UFOが祝福しているのかな」ということになります。

さて、そのUFOですが、目撃者によると星とは全く異なる色で輝き、全部で7色あったそうです。真ん中にあったとみられる透明なUFOを入れると、全部で8つ。目撃者のひとりT氏によると、古神道に伝わる北斗八星と関係があるのではないかとのことでした。

この北斗八星に関しては、実は別のUFO的シンクロもあるのですが、携帯履歴に記された2・26のシンクロと合わせてまた別の機会に触れたいと思います。

ところで、UFOを見たことがあるが信じないと常日頃から公言しているT氏は、今回の新たなUFO目撃でUFOの存在を信じるようになったのでしょうか。そのことを聞くと「間違いなくUFOを目撃したが、僕は認めない」と話しておりました。まあ、立場もおありでしょうから、それはそれでいいのかもしれませんね。

もちろんT氏とは、ご想像通りの方です。本日(28日)学研から『正統「竹内文書」の謎』が発売されますね。で、UFOの電話をくれたSさんとはT氏の秘書さんです。誰とは言いませんが、今回も誕生日の事実上のシンクロがあったようです。

今年の12月26日にはいったい何が起こるのでしょうか!!!
スポンサーサイト

30年ぶりに解けた謎

昨日の寝る前に、とあることを調べておくようにとの閃きがやってきました。
そして今朝、それを忘れずに実行すると、二つの数字が出てきます。
それにより、なんと30年間わからずにいた謎が解けてしまったではないですか!
イギリスと日本の古代文明がここで見事に交わります。
次の次の次に出る予定の本で、このことを明らかにいたしましょう。

そのような日を記録しておくために、メモ書きとしてこのブログを使わせてもらいます。

旅ブログは今しばらくお待ちください。

富士山と月とトンビ

今朝外に出ると、富士山のそばに月が見えました。

早速、カメラを持って撮影。

DSC_0147-21.jpg

右上の方に浮かんでいるのがお月様。
富士山もすっかり雪化粧をしていますね。
手前(富士山と御用邸を結んだ左下)にはトンビも写っています。

別の角度からもう一枚。

DSC_0152-21.jpg

枝の先にお月様が見えます。

一富士二鷹。

DSC_0153-11.jpg

富士山、そしてトンビが二羽飛んでいるところを撮影(二羽目は富士山頂のやや右上に小さく写っています)。
別の意味で一富士二鷹でした(笑)。

最後はトンビのペアです。

DSC_0154-1_20131120102208419.jpg

二羽仲良く飛んでおりました。

ところで、お陰様で『神霊界と異星人のスピリチュアルな真相』(成甲書房刊)の売れ行きはよいそうで、同じ出版社から秋山氏とのコンビで別の本を書かないかとの打診がありました。現在、その執筆作業をしており、旅ブログの更新を一時お休みさせていただいております。

私は自分が本当に書きたい本しか書かないので出版社の依頼をほとんど受けないのですが、今回は秋山氏と出版社と私の考えが一致。トントン拍子で作業が進んでおります。

なお11月に別の出版社から出される予定だった次の本は、編集作業が遅れて12月以降にずれ込む見込みです。いましばらくお待ちください。

甲州・信州・飛騨・美濃の巨石めぐりの旅16

笠置山の麓の笠置神社、三つのピラミッド型の加工された巨石、そしてかつて奥の宮があった笠置山の山頂――――これらを結ぶと、冬至の日の出ラインとなり、夏至の日の入りラインとなります。つまり古代の人たちは笠置山を神聖な山とみなし、太陽に関係するお祭りをやっていた可能性が高いわけですね。

そしてこのラインは、ピラミッド型に加工された伊豆下田の下田富士を通り、寝姿山の山頂右側に見えるピラミッド型の島・鵜渡根島に至ります。これらを偶然あとして片づけるわけにはいきません。

また笠置山には南北のラインも通っています。北は、富山の尖山ピラミッド、太陽石のある日輪神社。南は山岡町の巨石群と、その中にあるピラミッド石です。ピラミッドは間違いなく測量に使われています。方角をきちんと合わせるための装置です。

笠置山から南へ12,3キロ離れた場所から、笠置山を撮影します。

DSC_0285-2.jpg

写真中央、遠くに見える山が笠置山。文字通り、笠を置いたような、線対称に広がる山麓が特徴です。遠くからでもよく目立つ独立峰であることから、光通信の中継所であったことが容易に推察されます。
この日は、笠置山が遠方に見える、この地に宿泊しました。
(続く)

甲州・信州・飛騨・長野の巨石めぐりの旅15

飛騨・位山を後にして、次に向かったのは美濃の笠置山です。

笠置山の中腹には高さ2・5~3・3メートルほどの大きなピラミッド石が3基あります。

最初に訪問したのは、麓の笠置神社。

DSC_0262-1.jpg

かつては笠置山の山頂にあったのですが、麓の古い祠がある場所に移設されました。
偶然か必然化、この場所こそ、実は非常に意味のある場所だということが後でわかります。
というのも、まさにこの笠置神社と笠置山の山頂を結んだ直線上に3基のピラミッド石が配置されているからです。

一つ目のピラミッド石がこちらです。

DSC_0264-1.jpg

綺麗に削られていますが、実は三角錐でも四角錐でもありません。
三角錐と長方体を組み合わせたような、奇妙な造形となっています。

その表面には・・・

DSC_0265-1.jpg

このように、線が刻まれたようになっています。
この石は標高580メートルの場所にあり、「水くぼ岩」と呼ばれています。

次に標高650メートルの林の中にあるのが、こちらのピラミッド石。

DSC_0270-1.jpg

こちらはしっかりとした三角錐です。
高さは3・3メートルあります。

さらに林道を隔てた上方、標高670メートルの場所にある三つ目のピラミッド石がこちら。

DSC_0282-1.jpg

この石も綺麗な三角錐の形をしています。

このように見事に加工された三つのピラミッド型の石が、綺麗に一直線上に並んでいるわけです。
(続く)

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR