北斗七星ともう一つの光

昨年12月7日ごろの夜のことでした。いつものように歯を磨きながら北東の空に昇ってきた北斗七星を見ていたんですね。すると、不思議なことが起きました。北斗七星の柄の部分から南天の方向に離れた場所で、急に一等星よりも明るい星がピカッと光輝いたのです。

その光はファラッシュライトのように1秒ほど輝いたのちに消えました。非常に澄んだ夜空でしたから、飛行機のライトと見間違えたりはしていません。とにかくその光は、私にはっきりとわかるように輝き、そして一秒後にはもう消えていたわけです。

私は星が消えたわけがわからなくて、双眼鏡を持ってきて、再びその消えた星が光った辺りを見てみました。すると、肉眼では見えないのですが、かすかに光る星がそこにあることに気が付きます。ところが、あとで星座表や天球図を調べたのですが、そこには星はありません。ちょうどミザールとアルカイドと三角形をなす場所で、M51とM106の中間ぐらいの場所でした。

それで前回、ブログでお話ししたように、1月17日の新年会で、高田の馬場で目撃された7色にそれぞれ輝くUFO群の話から北斗八星の話になったのですが、そのUFO目撃者の人たちには、私が12月に北斗七星のそばに変な星が輝いたのを目撃したことをその時まで話しておりませんでした。つまり、ここにもシンクロニシティが起きていたんですね。

では私が見た一等星以上に輝く星は何であったのか。正統竹内文書の口伝継承者によると、口伝では北斗七星のそばには、見る人が見ると見える八番目の透明の星があるそうです。12月26日に目撃されたUFOは、まさに透明なUFOの周りに7機の色の異なるUFOが舞っていたのではないか、と目撃者の一人は考えているようです。

同席していた秋山氏の見解もUFO説です。地球は自転しているため、北極星などの自転軸の延長線上にある星を除いて、すべての星は時間の経過とともに天空をよぎっていきますが、中にはまったく動かないで一点に静止している星のようなUFOもいるのだとか。それに一度UFOを見ると、UFOは出やすくなって、自分の存在を知ら示すために、ピカッと光って消える場合もあるのだそうです。

確かにその説なら、私が目撃した「一瞬輝き、そして消えた星」の正体を一応説明することができそうです。
まあ、本当にそれがUFOであったかどうかはともかくとして、世の中にはまだまだ今の科学では説明できない面白い現象があるのだということを知らされた経験でした。


スポンサーサイト

UFOと数字のシンクロ

1月17日に新刊出版パーティー兼新年会を新宿で開催しましたが、その時面白い数字のシンクロの話を聞きました。

実はそれに先立つこと一カ月ほど前の夜中、今回の新年会に参加したSさんから突然、電話がかかってきたことがあったんですね。なんと夜中の二時過ぎです。いったいなんだろうと思って電話に出ると、今、高田馬場でUFOが出ているので是非私に知らせたかった、とのことでした。最初は酔っぱらった勢いでふざけて電話してきたのかと思ったのですが、様子を聞くとどうやら本物のUFOのようです。ただ残念ながら、私の家から高田馬場上空に飛んでいるUFOを見るのは、ちょっと難しいようでした(笑)。

その時はそれだけの話で終わったのですが、先日の新年会であの電話があった日が12月26日未明であったことを知らされます。携帯電話の受信履歴を確認すると、確かに12月26日の午前2時26分に通話を終了しておりました。

12月26日!
実は新刊でもちょっと触れましたが、2011年の12月26日に今回の鼎談シリーズを出版すべく秋山眞人氏と竹内睦泰氏、それに私の三人が初めて出会ったんですね。だから鼎談記念日でもあるわけです。そして既に当ブログでもお知らせしましたが、昨年の12月26日が実際にシリーズ第三作目が書店に並び始めた出版記念日でもありました。

このようなシンクロは2011年に『「竹内文書」の謎を解く2――古代日本の王たちの秘密』を出版した時にもありました。この本の出版日がなんと竹内氏の誕生日である12月17日だったんですね。

こうしたシンクロが起きる場合、別の世界の力が働いているように思います。それが霊団とか天の計らいと呼んでいいのかどうかは断定はできません。でも直観的には間違いなく、目に見えない別の世界のエネルギーの成せる業です。

今回のUFOの出現も、明らかにそのことを知って現れているように感じられます。秋山氏によると、「UFOが祝福しているのかな」ということだそうです。

さて、そのUFOですが、目撃者によると星とは全く異なる色で輝き、全部で7色のUFOが夜空に浮かんでいたそうです。中央付近にあったとみられる透明なUFOを入れると、全部で8つ。その目撃者によると、古神道に伝わる北斗八星と関係があるのではないかとのことでした。

この北斗八星に関しては、実は別のUFO的シンクロもあるのですが、携帯履歴に記された2・26のシンクロと合わせてまた別の機会に触れたいと思います。

ところで、UFOを見たことがあるが信じないと常日頃から公言している、今回の目撃者の一人である某氏は、今回の新たなUFO目撃でUFOの存在を信じるようになったのでしょうか。そのことを聞くと「間違いなくUFOを目撃したが、僕はUFOを認めない!」と話しておりました。まあ、立場もおありでしょうから、それはそれでいいのかもしれませんね。

夕闇の中の富士山

DSC_0183-1.jpg

1月18日に撮影しました。

吹雪のち快晴

吹雪の後は快晴です。

P1150486-1.jpg

まぶしいばかりの白銀の世界。

P1150493-1.jpg

遠くに見える冠雪した富士山の仲間入りです。

P1150500-1.jpg


雪が降った翌日の1月15日に撮影しました。

吹雪きです

今日は午前9時過ぎぐらいからミゾレが降りはじめ、10時ごろには吹雪の状態となりました。

P1140475-1.jpg

まるで蔵王の樹氷みたいです(笑)。

午後1時半ごろ近くのスーパーに寄ったら・・・

P1140472-1.jpg

・・・正午から閉鎖となっておりました。
午後2時50分現在、まだ横殴りで吹雪いております。

屋根の上の富士山

屋根の上に・・・・

P1060428-11.jpg

富士山がうまく乗っかりました(笑)。
1月6日に撮影しました。

紺色の海と富士山

オレンジ色の空と群青色の海、そして富士山。

DSC_0150-1.jpg

毎日、色が変化する海と空。飽きることがありません。

秋山眞人氏の講話シリーズ

『正統竹内文書の日本史「超」アンダーグラウンド』シリーズの共著者となっている秋山眞人氏が昨年12月12日以降、YouTubeで面白い話を展開されているので、ご紹介しましょう。一つのテーマで5~6分間話している講話形式のビデオで、今日現在、全部で8話アップされています。

そのうちの一つには、シリーズ第三作について触れているビデオもあります。
それがこちら

8本の講話はこちら


1月4日の夕陽

しばらく雲に隠れていた夕陽が、最後に顔を出して伊豆半島の先に沈むことがよくあります。

DSC_0158-2.jpg

そのとき、雲から出てきた夕陽は一段と輝いたように見えます。

空のグラデーションも素晴らしいです。

DSC_0164-2.jpg

1月4日もそのように素晴らしい夕焼けでした。

元日の夕日

元日に撮影した夕陽です。

DSC_0152-1.jpg

右下に見えているシルエットは富士山。

夕陽を拡大すると・・・

DSC_0154-1.jpg

まるで絵の具を溶かしたようなオレンジ色の雲の中に、夕陽が融けていくようでした。

講演会のお知らせと今日の夕日

今日の夕日です。

DSC_0168-1.jpg

柔らかな感じのする夕焼けです。

DSC_0173-1.jpg

まさに海も空もオレンジ一色。空に広がる黄金を海が映し返しているんですね。

さて、講演会の告知です。
今月30日、ヒカルランドの宇宙寺子屋で「パン大陸をめぐる16方位線と巨石文明」というタイトルで私が講演いたします。詳しくはこちらのページをご覧ください。

富士山と彩雲

1月4日の富士山です。

P1040423-2.jpg

雲を突き抜けて、頭の上だけ綺麗に見えておりました。

そしてその後に現れたのが、彩雲。

P1040424-2.jpg

何か月かに一回目撃しますが、何かいいことがあるといいですね。

青と白の世界の富士山

夕陽が沈んだ直後の富士山。

DSC_0251-2.jpg

そこには青と白が織りなす荘厳な世界があります。

そして、日没と同時に現れる燃えるような空。

DSC_0247-1.jpg

この瞬間がまた一段と素晴らしいです。

DSC_0248-1.jpg

雲がアクセントになっていますね。
昨年12月31日の撮影でした。




元日の奇妙な雲たち

元日の空に、面白い雲が現れていました。

P1010411-2.jpg

何かタコ踊りしているようにも見えます(笑)。

こちらはかなり迫力のある雲です。

P1010412-2.jpg

軍団とか船団という感じがします。

そして最後はこちら。

P1010420-1.jpg

ふわふわ、ゆらゆら、のんびりした雲たちでした。
いずれも元日に撮影しました。

元日の富士山

明けましておめでとうございます。

お正月といえば、凧でしょうか。

DSC_0217-1.jpg

今日も凧上げに興じている人がチラホラとおりました。

そして新春の富士山。

P1010410-2.jpg

いつ見ても美しいですね。
今年は富士山の左側に見える愛鷹山に行ってみようかと思っています。
巨石のメッカなんですよね。愛鷹山ピラミッド説もあります。

富士山の遠景。

P1010417-2.jpg

本年もよろしくお願いいたします。

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR