「3つの写真」の舞台裏 「今日の出来事(966090)」

ルーブル美術館でようやく見つけた本の写真を使用したくて米国の出版社にメールをしたのは、11月22日のことでした。すると間もなく、その出版社から版権が別の出版社に移行したことを知らされます。今度はその出版社にメールすると、実は版権は2009年に消失したと聞かされます。「たぶん使用しても大丈夫だと思うけど、念のためにオックスフォード大学に使用許可が必要かどうか確認して」との返事。

そのオックスフォード大学の当該研究所にメールしたのが、11月23日。ここまでは順調でしたが、肝心のオックスフォード大学からの返事がなかなか届きません。ようやく届いたのでメールを読むと、文章の引用は自由だが写真を使用するには、購入したうえでクレジット(著作権者名)を付けなければならないとあります。早速、サイトで写真番号を確認して、総額がいくらになるかとか、支払方法など購入手続きを取るにはどうすればいいか問い合わせます。ところが、時差の関係もあるのですが、その返事がなくて、またやきもきします。

翌日、届いた返事で判明したのは、7枚で4万円を超えてしまうということでした。4万円だと私の予算をオーバーしてしまうので、急きょ実際に本に掲載する3枚だけに注文をし直します。ところがまた梨の礫(なしのつぶて)。

しかも週末になってしまい、向こうはお休みとなります。実は今度出る本の写真の締め切りは29日の午前中で、その時間が迫っていました。もし月曜日(28日)の夜に返事がなければ、写真掲載は取りやめなくてはなりません。出版社に最悪の場合は写真を掲載できない旨を伝えて、月曜の夜の返事を待ちました。

そして深夜となる少し前に、メールの返事と写真が届きます。すぐに写真をダウンロードして出版社に送信。まさにぎりぎりで出版締切に間に合いました。

もし今度の本を手にされることがありましたら、掲載された3枚の写真の舞台裏では、このようなドタバタの苦労話があったのだと思ってください(笑)。どの3枚かはクレジットを見ればすぐにわかると思います。

出版の日までもう少しとなりました。
おや、こんなサイト1も出てきましたね。

正式に決まりましたら、このブログでもご連絡いたします。
スポンサーサイト

紫と青の世界 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154197)」

秋の空の素晴らしさは、夕焼け空の中にも見出すことができます。

秋の空は七変化。

橙色から紫色へ。

秋の空

色が次々と変わって行きます。

深い青の世界。

秋の空

秋の夕焼け空を彩る虹色の世界を堪能しました。

淡い空と富士山の薄化粧 「今日の出来事(966090)」

出版社との打ち合わせを終えて空を見ると、淡い夕焼け空が広がっていることに気づきます。

淡い空

私にはクリームのような雲に見えます(笑)。

そして富士山は・・・

富士山

北側部分が雪の薄化粧をしていますね。

富士山と淡い空

上空に変わった形の雲が滞空する一方、富士山の裾野には薄く雲がたなびいて、幻想的な雰囲気を醸し出しておりました。

散歩の風景 「今日の出来事(966090)」

今日は久しぶりに大楠山へ。
三浦半島の最高峰ですが、私の家からは普通に歩いて35分で頂上に到着します。

その頂上から佐島の方角を見ると、光の梯子がたくさん降りていました。

光

下山は木古庭経由で。

その途中で見た秋の風景。

黄色

黄色づくしですね。何の実かはわかりませんでしたが、銀杏の黄葉を背景にして撮影してみました。

登りは35分でしたが、下りは遠回りしたので一時間15分もかかりました(笑)。

そして家に戻ってきて見た光景がこれです。

光

無数の光のカーテンが降りているようです。
外に出ると、こうして多くの自然にめぐり会えるので、やめられませんね。

大島

光のシャワーの向こう側には、遠く大島まで見えておりました(写真左奥です)。

太陽を先導する「鳥」 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154197)」

先日「雲に乗った太陽」をご紹介しましたが、実はその太陽を先導する「神の使い」も写っていました。

こちらがその写真です。

神の使い

ちょうど雲に乗った太陽を先導する二羽の鳥の姿に見えます。
真ん中の鳥は鶏さんでしょうか。二羽とも羽を広げて、愛嬌のあるポーズを取っているように思いました。

伊豆半島に沈む夕陽と富士山 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154197)」

今日は伊豆半島や富士山がくっきりと浮かび上がっていました。

伊豆半島に沈む夕陽です。

夕陽

右に富士山が見えますね。

伊豆半島

伊豆半島の先端部分です。

富士山も夕陽で赤焼けしています。

富士山

そして、日没後に現れる黄金の輝き。

黄金の輝き

日の光が日中よりも長い距離を通ってくるため、青色の光は散乱され、波長の長い赤色や黄色の光が多く透過するので起きる「黄金の夕陽現象」です。

素晴らしい輝きには、ただ感謝するしかなくなりますね。

雲に乗った太陽 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154197)」

太陽は毎日、東から昇り、自分の力で空を駆け上がり、そして西に沈んで行きます。

ところが時々、ずる休みして「乗り物」に乗って空を渡ることがあるんですね。

これがその証拠写真です。

雲に乗った太陽

どう見ても、雲に乗って空を移動していますよね(笑)。きっと一休みしたかったのでしょう。

こうしていつも、自然がいろいろなことを教えてくれるわけです。
今日は雲に乗った太陽をご紹介しました。

虹の続き 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154197)」

昨日ご紹介した虹の写真の続きです。

長い時間虹が出ていたので、広角レンズのついたデジカメを取りに家に戻ってから再び虹を撮影しました。

それがこちら。

虹

広角で撮りきれるかと思ったら、大きすぎてやはり虹全体を写すことができませんでした。

虹

おや、左上に何か写っていますね。

虹

オーブ?、それとも光の乱反射? 今度調べてみましょう。

虹

本当に見事な虹でした。

古代日本の王たちとの約束 「今日の出来事(966090)」

出雲の旅から帰ってからというもの、ほぼ10日間近く来月出版予定の本の原稿の最終校閲・校正作業に没頭しておりました。それも今日の午前中で実質的に完了。一段落ついたので、今日の天気同様に晴れ晴れとした気持ちで、午後から鎌倉へ遊びにゆきます。

そして鎌倉から家に戻ってくる途中のバスの中から見たのが、空の端から端へと大きく弧を描いて、くっきりと浮かび上がった虹でした。

虹

よく見ると、二重の虹になっていますね。

虹

180度近い弧を描く大きな虹です。

虹

このように大きくて完璧な虹を見るのは、もしかしたら初めてかもしれません。
古代日本の王たちとの約束が成就したのでしょうか。とてもうれしかったです。ありがとう。

そして、長らくお待たせいたしました。古代日本の王たちのことを書いた本は、12月中旬ごろ出版される予定です。正式に決まりましたら、このブログでご連絡いたします。

太陽の扇 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154197)」

ある日の夕陽です。

夕陽

扇のように太陽のオーラが広がっているように見えます。
太陽が開いた光の扇ですね。

ところで、ご紹介が遅れましたが、今月発売されたムー12月号に私が書いた「聖なる白鳥ラインと天空浮船の謎」という記事が掲載されています。白鳥ラインは古代史家で白鳥研究家の芦野和泉氏が見つけたラインですが、記事の中では、芦野氏の説を紹介するとともに、独自の見解を加えながらヤマトタケル伝説や古代鉱脈地図の話にまで言及しています。ご興味のある方はお読みください。

出雲の国へ神々を探して(神々の降臨) 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154197)」

たくさんの神々に出会った今回の出雲の旅でしたが、八百万の神々の中核をなす神様の中で、実はまだ紹介していない方がいらっしゃいました。

その神様を紹介する前に、まずは豊雲野神です。

神

青空の中をスーッと、天頂に向かって伸びて行きます。
ご紹介が遅れましたが、その天空をつかさどる空の神様は、天之常立神(あまのとこたちのかみ)です。

さて、豊雲野神が伸びて行った先にいたのが、この神様です。

神

言わずと知れた太陽の神である天照大御神です。
どの神様も同等に大事ですが、特にこの神様がいらっしゃらないと、私たちの生活が成り立たなくなります。まさに八百万の神々の中核をなす神様です。

最後は天照大御神、豊雲野神、天之常立神に集まっていただき、記念撮影。

神

神々の降臨ですね。いつもありがとうございます。

この写真には写っていませんが、ほかにも大地の神である宇比地邇神(うひじにのかみ)や
須比智邇神(すひじにのかみ)など多くの神々のお世話になりました。ありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

いずれも旅の最終日(11月12日)に京都で撮影しました。

出雲の国へ神々を探して(神々の船団) 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154197)」

11月10日、出雲大社に到着すると、ちょうど神在祭の神事が執り行われているところでした。

神在祭

スサノオが出雲を統治する前に王(神)だったとみられるクナトの大神にもご挨拶。

神

この場所は出雲大社からは少し離れた場所にあります。

そして、出雲大社からさらに南西に向かう途中のことです。車窓から進行方向右手の日本海の方角を見ていると、大小さまざまな船の形をした雲が浮かんでいることに気づきます。

天空浮船

見れば見るほど、船のようです。
神々の船、天空浮船(あめそらうきふね)・・・そんな言葉が浮かんできます。

天空

八百万の神々は、天空浮船に乗って出雲に集まるのかもしれませんね。神々の天空浮船の船団が出雲大社そばの日本海上空に停泊しているようにも見えました。そういえば、この前日にも大山から日本海にかけて同じような雲が浮かんでいました。

天空浮船

写真ではよくわからないかもしれませんが、この大小の天空浮船の船団が日本海の沖のほうまでずっと続いています。その数、数百でしょうか。まさに八百万の神々の船団です。

この旅を決める時に、神在月に出雲に行けば神様に会えるよと教えてくれたガイドさん、ありがとう。この旅の意味がわかってきましたよ。
(続く)

出雲の国へ神々を探して(月の神) 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154197)」

出雲に泊まった最初の日(11月9日)の晩、外を歩いていたら神様に出会いました。

神

月の神・・・月読神ですね。月弓神とも書きます。
素晴らしい輝きです。

神

お気づきと思いますが、月の周りに巨大な暈(光の輪)が現れています。光輪・・・すなわち月の神の降臨ですね。まるで月弓神のオーラのようでもありました。

そして次の日(11月10日)の午前中、出雲大社に向かう途中で見た空。

神

何か雲間から宇宙船が現れそうな光景でした。
でも、驚くのはそれだけではなかったんですね。
(続く)

出雲の国へ神々を探して(出雲の神々) 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154197)」

大山の大山津見神に別れを告げて、いよいよ出雲の国に入ります。

美保神社そばから大山の山々を望みます。

神

手前の山は二上山に似ていますね。

そして、金屋子神社の境内で見つけたのは・・・

神

・・・秋。
秋の神である立田姫(竜田姫)でしょうか。それとも、稲作をつかさどる秋毘売神(あきびめのかみ)?

神々の庭も訪問しました。

神

神魂(かもす)神社のある大庭というところです。王(神)の庭という意味でしょうか。

神の庭ですから、造園業者さんもいらっしゃいますね。

庭

庭

二度も拝ませていただきました。
(続く)

出雲の国へ神々を探して(大山の神々) 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154197)」

大綿津見神(海の神)に別れを告げて向かったのは、鳥取県の大山でした。
つまり海から山へ向かったわけですね。

車窓から見ると山々に光が降りてきます。

神

光の柱はどんどん増えて・・・

神

神々しいですね。
山の神である大山津見神(おおやまつみのかみ)が降り立っているようにも見えます。

大山津見神は、野の精霊で草の神である鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)と結婚して、天之狭土神・国之狭土神など四対八神を生んでいます。まさに山の自然の神様です。

そして山とは反対側の空を見ると・・・

神

虹・・・彩雲です。
また一つ、約束が成就したみたいですね。

お陰様で無事明るいうちに、大神山神社奥宮に到着することができました。

神社

ありがとうございます。
(続く)

出雲の国へ神々を探して(鳥取の神々) 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154197)」

出雲の国で神々に会うべくスタートした旅でしたが、鳥取でも素敵な神々にめぐり会います。写真にも撮りましたのでご紹介しましょう。

まずはこちらの神様。

神

えっ、ただの海が写っているだけではないか、ですって?
いえいえ、そうではないんですね。よく見てください。
ちゃんと神様たちが写っています。

ここに写っているのは、大綿津見神(おおわたつみのかみ)と豊雲野神(とよくものかみ)です。つまり海の神様と雲の神様ですね。
そして耳を澄ませば・・・

・・・風の神がいることがわかります。その神の名は、志那都比古神(しなつひこのかみ)。

こちらは久久能智神(くくのちのかみ)。

神

木の神様ですね。
その木の神様の上を豊雲野神が通過してゆきました。

神

最後はもう一度、豊雲野神にご挨拶。

神

いずれも鳥取県岩美町の甘露神社そばで撮影しました。
(続く)

出雲の国で神々を探して(丹後の浦島太郎) 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154197)」

神在月に出雲に行けば神様に会えるというので、京都から丹後半島経由で出雲に旅してきました。神在月は陰暦の10月のこと。通常神無月と言いますが、出雲と諏訪地方では神在月と言います。というのも、この月には、八百万の神々が出雲(あるいは諏訪)に集まって会議をするので、ほかの地域では神がいなくなってしまうという「言い伝え」があるからなんですね。

出雲ではこの神在月にお祭りがありますが、それが今年は11月5日~12日だったわけです。
詳しくは出雲大社のホームページをご覧ください。

さて、出雲の神様に会う前に出会ったのは、こちらです。

浦島太郎

亀に載った浦島太郎さんですね。浦島太郎は俗称で、丹後の国の風土記に出てくる名前は浦嶋子さん。亀に連れられて竜宮城に行ったことになっていますが、実は亀が仙女に変身し、雨降り星(アルデバラン)と昴(プレアデス)に連れて行かれたという話がもとになっています。

そしてこちらは、浦島太郎が玉手箱を開けてしわだらけのおじいさんになってしまったという場所。

浦島太郎

顔じゅうがシワ だらけになってしまった浦島太郎が、悲しみのあまりシワをちぎってエノキに投げつけたので、樹皮がシワで 凹凸になってしまったという伝承があるしわエノキが立っていました。
(続く)

エッフェル塔 「ヨーロッパ旅行(25412)」

真下から見上げたエッフェル塔です。

eiffel

遠くから見たことは何度もありましたが、これだけ近寄ったのは初めてでした(笑)。
天気はそれほどよくなかったのですが、少しだけ晴れ間が見えますね。美しいタワーでした。

怪人が潜むオペラ座 「ヨーロッパ旅行(25412)」

得体の知らない怪人が潜んでいるというパリのオペラ座(ガルニエ宮)です。

opera

中を見学するつもりはなかったのですが、たまたまカフェ・レストランで隣席になった人と話しているうちに、見学することになりました。

opera

確かに、怪人が現れそうな雰囲気はありますね。

怪しげな(?)バルコニーの個室。

opera

それでも舞台や観客席は豪華です。

opera

天井はマルク・シャガールによる絵が描かれていました。

パリにあるローマ 「ヨーロッパ旅行(25412)」

パリにはローマがあります。

ほら、この通り。

paris

上の写真はカフェの看板ですが、はっきりとパリ・ローマと書かれています。

なぜここがローマなのかと言うと・・・

paris

パリのローマ街のことだったんですね。
パリの通りには時々、外国の都市の名前が付けられます。

こちらはモスクワ街。

paris

そして、なぜこのローマ街やモスクワ街に来たかと言うと、実はここにマラルメが住んでいたからです。

paris

まさに上の写真の左側にマラルメが住んでいたローマ街の家がありました。この自宅で開かれた「火曜会」と呼ばれる会合には、画家のモネ、ルノワール、そしてドガなどの印象派をはじめゴーギャンやドニ、ホイッスラー、詩人のヴェルレーヌ、ヴァレリー、作家のオスカー・ワイルド、アンドレ・ジッド、作曲家のドビュッシーなどそうそうたる芸術家が集まったそうです。

パリに雨が降る中、19世紀に思いを馳せながら撮影しました。

王家の紋章 「ヨーロッパ旅行(25412)」

ルーブル美術館で見つけた、王家の紋章とみられる日章菊形紋の数々です。

王冠に付いた紋章。
 
菊紋

王家の馬車の馬にも。

菊

王の腕輪にも。

菊紋

ヘアバンドにも。

菊

王宮の柱にも。

菊紋

いたるところに、日章菊形紋がありました。

竹内文書によると、日本のスメラミコトが天空浮船で「十六菊花紋を付けた羽衣」を着て世界各地を巡幸したところ、それを見た各国の五色人の王が、その十六菊花紋を真似して作るようになったというんですね。

まあ、面白い話として記憶にとどめておきましょう。

パリのもう一つの顔 「ヨーロッパ旅行(25412)」

森に囲まれたフォンテンヌブローに別れを告げてパリに戻ったのですが、宿泊したのはいかにも副都心のオフィス街という場所でした。

新凱旋門で知られるラ・デファンス地区です。

そして、こちらがその新凱旋門。

新凱旋門

まあ、とにかく大きなモニュメントです。
近くには230店のショップと40軒のレストランを有する巨大ショッピングモール「Les Quatre-Temps(四季)」があります。

ラ・デファンス地区は、ルーブル宮殿から発し、コンコルド広場、凱旋門を通り西の郊外へ延びていくパリの歴史軸の延長線上に位置しています。パリの中心地に高層ビル群をつくることは景観上認められていませんから、ちょっと郊外にこうした巨大高層ビル群を造ったんですね。サミットの会場にもなりました。

良い悪いは別にして、まったく歴史のある古いパリとは異なるパリがここにあります。

このようなモニュメントもありました。

パリ

親指のモニュメントです。気色悪いと思うか、面白いと思うかは、人それぞれですね(笑)。

高層ビル群の写真。

paris

その夜景。

paris

パリとは思えない、パリのもう一つの顔でした。

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR