津波の第一波? 「今日の出来事(966060)」

チリ巨大地震の影響で日本の太平洋側に津波が押し寄せていますが、相模湾にも津波らしき大波が観測されているみたいです。

私が住んでいるところから海までは直線距離で2キロ、標高差は150メートルほどあります。その場所から撮影した相模湾です。

tsunami

かなり遠くからの撮影ですが、いくつかの大きな波が続けてこちらに打ち寄せてきていることがわかりますね。撮影したのは午後2時半ごろです。午後4時現在も写真ほどの間隔ではありませんが、時々大きな波が肉眼でも見ることができます。

津波らしき大波だったので、ご紹介いたしました。
スポンサーサイト

紅白の梅と河津桜 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

歩いて25分ぐらいの場所で見つけた紅白の梅園です。

japanese apricots

自宅から葉山公園に歩いていく途中にあります。海岸まで歩いて55分ほどですから、ちょうど半分ぐらいまで来たところにあります。

2月20日に撮影したものですが、三月上旬までは梅を楽しむことができそうです。

今の見ごろは河津桜でしょうか。やはり歩いて30分ぐらいの場所に綺麗に咲いています。

cherry blossom

上の写真は2月22日に鎌倉の鶴岡八幡宮で撮影した河津桜です。
花の美しい季節になりましたね。

森戸海岸の風景 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

2月9日は久しぶりにオッドアイちゃんに会いに行きました。
その帰り道に森戸海岸で撮った風景です。

morito

今の時期は人が少ないですが、夏はヨット部の学生などで大賑わいとなります。
遠くに大崎公園、披露山公園が見えていますね。

morito

二月の海岸も美しいです。

こちらはその日の夕暮れ。

dusk

この日も素晴らしい夕焼け空でした。

富士山と夕陽のコラボ 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

2月7日の夕日と富士山は本当に綺麗でした。

まずは富士山の写真です。

Mt. Fuji

空気の綺麗な日は富士山がとても近くに見えます。
おや、何か左上に写っていますね。

一応拡大しておきましょう。

UFO

これはおそらく飛行機が飛んでいるのだと思います。

そしていつもの富士山と夕陽のツーショット。

Mt. Fuji

素晴らしい色合いですね。

日没直後。

sunset

夕陽が没した後の薄明は、表現しがたい美しさがあります。
いつもありがとう。

鹿の頭の上の女神とオーブ 「不思議な世界(409)」

昨日オーブの話題を取り上げたので、今日も、昨年のイギリス取材旅行で私たちが撮影したカンタベリー大聖堂のオーブの話題です。

既に紹介しましたが、壁に掛けられた絵に現れたオーブでしたね。

canterbury cathedral

実は先月、秋山眞人さんにこの写真を鑑定してもらいました。秋山さんが言うには、このようにオーブの周りが薄く光っているのは、実体に近いオーブなのだそうです。昨日ご紹介したオーブも周りが薄く光っていますから、同じように「実体に近いオーブ」ということになるのでしょうか。

昨日のオーブはこれですね。

orb

「実体に近いオーブ」の定義を聞き忘れましたが、おそらくより物質界に近いエネルギー体のことであると私は理解しました。

さて、カンタベリー大聖堂で撮影したオーブの話に戻りますが、秋山さんに撮影したいきさつを話すと、秋山さんは「何で鹿なんだろう」と言って写真を詳しく調べ始めました。そして、「ああ、鹿の頭の上に女神がいますね」と言います。

実は私たちはそう指摘されるまで全く気付かなかったのですが、何と絵の中の鹿の頭の上に女神が描かれていたんですね。

見やすいように拡大した写真はこちらです。

deer and goddess

秋山さんによると、鹿や犬は神の眷属で、写真左下に描かれている人間が鹿の頭の上にいる女神に祈りを捧げている絵だというんですね。オーブはちょうど、祈りを捧げる人間と女神の間に現れたと指摘します。私たちは「なるほど」とうなづきました。どうやらオーブは、そのことを知らせるために写りこんだ可能性もあるんですね。とにかく私の伴侶さんは鹿が大好きなんです。きっと鹿とはただならぬ因縁があるような気がします。
ガイドブックによると、私たちが当時(19世紀後半)暮らしていたとみられるリッチモンドも広大な公園と鹿で有名な場所だそうです。今度再びイギリスに取材旅行に出かけ、確かめてみようと思っています。

不動の滝のオーブ 「不思議な世界(409)」

久しぶりにオーブの写真です。

私の家から歩いて40分ぐらいのところに、三浦半島には珍しい滝があります。
不動の滝と呼ばれる8メートルほどの滝なのですが、先日ふと不動の滝に行きたくなり、寄り道しました。
写真を三枚撮ったのですが、そのうちの真ん中の一枚に、大きなオーブが写っておりました。

fall

滝のちょうど真上に出ていますね。久しぶりの大きなオーブの写真ですが、今回いつもと違ったのは、不動の滝に呼ばれた感じがしたことと、写真を撮るときにオーブが写るように念じたことでしょうか(実は撮ったときには気付かず、後から写真を見て写っていることに気付きました)。オーブはおそらく人間と交信できますから、呼びかけると写ることがあるのかもしれませんね。

オーブは、私には知性を持ったエネルギー体のように思われます。位山でもそうでしたが、写真の中央にわざわざ写ってくれたり、今回のように滝の真上に出たりしてくれることからも、呼びかけなどに応じて意図的に写真に写ってくれるのだと思っています。この写真もいずれ秋山眞人さんに鑑定してもらうつもりです。

最後にこのオーブさんをアップにしておきますね。

orb

2月20日に撮影しました。

立石からの富士山 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

ちょっと遅くなりましたが、2月7日はこの冬一番とも言える見晴らしのいい快晴となりました。

Mt. Fuji

横須賀市の秋谷からも富士山がくっきりと見えます。

Mt. Fuji

立石と富士山のツーショットもばっちりですね。

Mt. Fuji

冬でも日中はこの辺りからはなかなか富士山を見ることができませんが、この日は昼間でも富士山がはっきりと顔を出したので、夕日と富士山と立石を撮影しようとカメラマンが鈴なりになるほど賑わっておりました。


我が家の屋根の上のトンビ 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

我が家の周りにはトンビがよく飛んでいます。
今日はその我が家の上空を飛ぶトンビ君の写真です。

kite

同時にご紹介することになったのは、我が家の新しい屋根と外壁。先月色を塗り替えたばかりです。
赤オレンジの屋根と黄色がかったベージュの外壁で、すっかり明るい感じの家となりました。

我が家の屋根にはよくカラスが遊びに来て、上でタップダンスを踊ることが多かったのですが、ペンキを塗り替えてからは、めっきりその回数が減ったようにも思います。ペンキ塗りたてだと居心地が悪いのでしょうか。

ところで、トンビは英語でkiteと言います。凧と同じというのも面白いですね。

夕日が見える丘からの風景 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

昨日に続いて、グリーンパークから見える風景をご紹介します。

昨日と同じ2月6日に撮影したものですが、大島とその上に浮かぶ雲です。

ohsima

左の水平線に浮かんでいるのが伊豆大島。その手前の上空を小さい雲が三つ並ぶようにして流れてゆきました。

こちらは富士山、丹沢方面。

Mt. Fuji

江ノ島が真ん中の小山の上にちらっと見え、丹沢山系の大山などが富士山の右手に広がっています。

そしてこの日の日没。

sunset

富士山と夕陽がようやく一緒の写真に収まるようになってきました。太陽の日没の場所はこれからどんどん北の方に移動して、4月上旬には富士山の真上に落ちること(ダイヤモンド富士)になります。

丘の上の雲 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

いつも夕陽を見る丘はグリーンプラザと呼ばれています。
その丘からは富士山や伊豆半島、大島、房総半島、相模湾、江ノ島、丹沢山系の大山、横浜などを見渡すことができます。一大パノラマですね。

さてその丘からの風景も素晴らしいのですが、私はその丘の上を流れていく雲を見るのも好きです。今日はそんな雲の写真をご紹介します。

cloud

丘の上に彫刻を思わせるような造形美の雲が現れていますね。

こちらの雲も賑やかです。

cloud

夕陽を浴びて、雲が浮き彫りになります。

cloud

丘の上の小さな人間と巨大な雲の対比が面白いですね。

カニの形の雲 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

見上げると、そこにはこんな雲が出ておりました。

cloud

私にはカニのように見えます。
自然は全く面白い形の雲を作りますね。

こんな雲もありました。

cloud

我が家の上の雲です。左下に我が家の屋根が見えております。一月に壁と屋根を塗り替えたばかり。赤い屋根の上に、青い空と白い雲が綺麗に出ていたので撮影しました。

雪のち晴れ 「今日の出来事(966058)」

今朝は吹雪の中目覚めましたが、午後からは快晴となりました。

sunshine

今日午後3時ごろの新宿の空です。快晴ですね。それでも日陰にはまだ雪の塊が残っておりました。

朝起きたら・・・ 「今日の出来事(966058)」

今年三度目の積雪となっておりました。

snow

午前6時47分現在でも横殴りの雪が降っております。

夕暮れと富士山 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

2月5日に鎌倉の梅や江ノ島の河津桜を見た後、家に戻ってきて撮影した富士山です。

Mt. Fuji

この日もくっきりと富士山を見ることができました。
夕暮れ時の空の色が素晴らしいですね。

Mt. Fuji

手前に見える街の灯が御用邸のある葉山町の一色海岸のある辺り。この写真には写っていませんが、江ノ島や鎌倉は写真の右の方向に見えます。

この日は相模湾の対岸の小田原や平塚の町の灯りも見えておりました。

湘南の雲 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

今日は、2月5日に撮影した湘南の雲たちをご紹介します。

江ノ島に架かる橋の上から撮影した雲です。

clouds

もこもこした、形のいい雲ですね。

ところで湘南は、東洋のマイアミと呼ばれています。

clouds

何となく、そんな雰囲気があるでしょうか(笑)。

この日はこんな雲も流れておりました。

clouds

変わった雲があちこちに出ていて、とても面白い日でした。

江ノ島の猫ちゃん 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

久しぶりに江ノ島の猫ちゃんです。

cat

いつものように、あっち向いて・・・ほいっ!

cat

・・・ご協力ありがとうございました。

cat

「いえいえ、どういたしまして」

2月5日に撮影した、江ノ島のかわいい白猫ちゃんでした。

梅と桜 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

梅の季節となりました。ただ面白いのは、湘南では梅と同時に、場所によっては桜も楽しめてしまうところでしょうか。

まずは鎌倉の梅です。


plum tree


2月5日、北鎌倉駅のそばの民家に咲いていた梅を撮影しました。


そしてこちらは桜。


cherry blossom


河津桜です。同じ日に江ノ島で撮影しました。まだ一、二分咲きでしたが、今頃は満開に近いのでしょうか。

雪が降るなど寒い日が続いていますが、もう春の兆しがあちこちに溢れているようです。

屋根の上の富士山 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

私の家から富士山は見えないのですが、晴れていれば朝ゴミ出しに行くときにご近所の家の屋根の上に富士山が現れます。

その屋根の上の富士山の写真です。

 

Mt. Fuji

 

こうして見ると、屋根のすぐ向こうに富士山があるように見えますね。

毎朝、屋根の上に富士山が見えるかどうかを確かめることが日課になっております。2月5日に撮影しました。

空飛ぶ魚? 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

今日は「スクープ写真」をご紹介しましょう。

まずはこちらをご覧ください。

 

Mt. Fuji & UFO

 

2月5日に撮影した富士山に、何と謎の飛行物体が写り込んでいたんですね。写真右上の黒い点がそうです。UFOでしょうか。

もうちょっと寄ってみます。

 

UFO

 

おお、何とこの形は・・・・

・・・まるで魚ではないですか。まさか空飛ぶ魚!!! 富士山を背景にして魚が気持ちよさそうに飛んでいるように見えます。

「泳げタイヤキ君」が空を飛んだら、こんな感じでしょうか(笑)。

もっと拡大すると、黒い影の正体がわかります。

 

sparrow 

 

魚の形になったのは、スズメさんが翼を折りたたんだ瞬間を捉えたからだったんですね。

それもまた見事な大スクープ写真ではありました(笑)。

黄金の光のシャワー2 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

昨日の続きです。

黄金の光のシャワーを降り注いでいた夕陽が、厚い雲の層から顔を出したところです。

 

sunshine

 

そしていつものように「神の瞳」に変身して、この日の最後の輝きを放ちます。

 

sun

 

この日は、光の輪の付いた土星のようにも見えました。

やがて、いつものように・・・

 

sunset 

 

伊豆半島の彼方へと消えてゆきました。

黄金の光のシャワー 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

このような夕景もありました。

 

sunshine

 

いく筋もの黄金の天使の柱が雲間から降りてきて、まさに金色の光のシャワーが降り注いでいるようでした。

何と荘厳で美しい風景でしょう!

 

sunshine

 

ここから見る光景はいつも天体ショーのようで、素晴らしいです。

2月3日、節分の日の夕景でした。

梅の季節 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

ご近所を散歩していたら、綺麗に梅が咲いておりました。

 

plum tree

 

立派な梅の木ですね。ヤシと一緒に撮ると、南国風の春という感じがします。

先週末から田浦の梅祭りが始まるなど、梅が見ごろとなりました。そういえば、先日江ノ島を散策していたら、河津桜が咲いておりました。今日は日中の気温が18度にまで上がるとか。いよいよ春が本番となってきましたね。

梅の写真は1月30日に撮影しました。

梢に宿る光 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

梢の先に光るものが・・・

 

moon

 

もちろんUFOでも綿飴でもございません。

 

moon 

 

梢の先に宿ったお月様でした。

神の瞳 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

ある日の夕暮れです。

 

sunset

 

この日も雲の切れ目から夕陽が現れました。

そして雲と伊豆半島の間に夕陽が収まったとき・・・

 

sunset

 

大自然の神の瞳のようだなと感じました。

 

sunset

 

やがて夕陽は、いつものように伊豆半島に没して行きます。

 

sunset

 

この日(1月24日)も綺麗な夕陽でしたが、 最近はとくに美しい夕陽が続いております。それらの写真もそのうちご紹介いたしますね。

 

冬の海と冬の空 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

昨日に引き続き、なぜか南国の風景に見えてしまう葉山の冬の海と空です。

 

sea

 

水平線から、どこまでも伸びていく雲。やはり夏の雲のように見えてしまいます。

 

こちらも南国的風景。

 

seashore

 

これが冬?

北の国から来た私の伴侶さんはいつも不思議がっております。

冬の海岸 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

まだ冬ですが、真夏の南国の海をご紹介しましょう。

 

sea

 

というのは冗談で、1月23日に撮影した冬の海、葉山の大浦海岸です。人こそ少ないですが、ボードに乗っている人(サーファー?)も一人いるし、まるで南の島の風景のようにも見えます。湘南の海は夏だけでなく、冬もサーファーで賑わうんですね。この辺りの海も透き通っていて綺麗です。

葉山公園から長者ケ崎の方向を撮影します。

 

sea

 

そしてこちらは江ノ島方面。

 

sea

 

左手奥に見える小さな島が江ノ島です。

江ノ島、実は東洋のモンサンミッシェル・・・なんて(笑)。

冬の葉山の海岸をご紹介しました。

暗闇の笑顔 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

誰ですか、暗闇の中、笑っているのは?

 

moon

 

ピースマーク?

 

moon

 

・・・なんて、三日月さんでしたね。

1月17日に自宅二階から撮影しました。

ある日の巨大雲 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

巨大雲の襲来です。

 

giant cloud

 

山の上にある住宅地(山村)ですから、雲が近くに迫って見えます。

 

この巨大な雲はそのままこの上空に停滞して・・・

 

giant cloud

 

夕闇が訪れても、その場に残っておりました。

よっぽどのお気に入りの場所だったのでしょうね(笑)。

1月15日に撮影しました。

雪の世界 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

雪です!

 

snow

 

昨夜から降り始め、今日の未明まで降り続いておりました。

そして一夜明けたら・・・

 

snow

 

この辺りでは珍しい雪景色です。

三浦半島の東海岸から来た方が、「ここは(山だから?)ずいぶん降ったんですね」と驚いていました。確かに平地では降らなくても、ここは雪になることが多いそうです。山の民の特権でしょうか(笑)。

 

snow

 

融けるまでの間、この雪の世界を楽しもうと思っています。

ある日の夕陽 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154182)」

巨大な目玉焼き・・・

 

the sun

 

・・・ではなくて、もちろん夕陽でした。

太陽が地平線と接するときに、ちょっと楕円形につぶれたようになるのが面白いです。

 

the sun

 

 

下の写真は同じ日に撮影した、雲に隠れつつある夕陽です。

 

the sun

 

この雲を通り抜けて、太陽はゆっくりと、でも少し足早に伊豆半島の向こうに沈んでいきました。

 

1月15日の夕日でした。

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR