アガパンサスの花と引越しのお知らせ 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154181)」

山篭り先の山荘にアガパンサスの花が咲きました。

 

アガパンサス

 

アフリカ原産の花で、いくつかの花が花火のように放射状に咲きます。和名は,ムラサキクンシラン(紫君子蘭)。姪によると、ニュージーランドでもたくさん咲いているそうです。

 

さて、すでにお気づきの方もおられるかもしれませんが、今月末にこれまで別荘のように使っていた山荘に引っ越します。長年住み慣れた東京を離れ、1時間にバスが一本程度しか走らない山奥で、隠居と旅行と時々執筆の生活が始まるわけです(笑)。

ということで、私はすでに引越しモード。ブログの更新はしばらくお休みいたします。引越し先にインターネットと電話が開通するのは、7月中旬以降になる見込みです。開通しましたら、ブログを再開しようと思っています。なお、今回の引越しにともない、私のdionの公式ホームページは閉じさせていただきますので、ご了承ください。

最後に私の近影です。

 

爆睡猫

 

引越し作業に疲れて爆睡しているところです(笑)。

スポンサーサイト

ニュージーランドから来た姪 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154181)」

姪のRosemaryは山篭り先をとても気に入ってくれたようで、また案内してねと言っていました。とくに海や山などの自然と、甘いものがお気に入りだったみたいです(笑)。

ちょっといつもよりも縮小(しかも逆光で撮影)しておりますが、ニュージーランドから来た私の姪です。

 

rosemary

 

乗馬とダイビングが大好きで、現在馬関係の仕事でキャリアアップの道を探しているそうです。

神の海 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154181)」

とっても綺麗な海を見つけました。

 

神の海

 

水が透き通っていますね。

 

透き通った海 

 

神々しいほどの海です。 

この写真を見た姪のRosemaryが「ここでダイビングをしたい」と言っておりました。でも残念ながらこの近辺には、ダイビングショップはありません。船をチャーターして行くしかないように思えました。

今日からその姪と山篭りに行ってきます。

初夏の紅葉 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154181)」

モミジが綺麗に紅葉していたので撮影しました。

 

紅葉

 

撮影日時は6月7日。カエデ科の植物は、秋だけでなく春や夏にも紅葉するんですね。

初夏の紅葉をご紹介しました。

山荘の全容!? 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154181)」

これが山篭り先の山荘の全容です!

 

山荘

 

・・・と言うのは、真っ赤な嘘。上の写真は鎌倉文学館でした。薔薇が見事に咲いているというので、訪れてみました。

広い庭にある薔薇園の薔薇は綺麗に咲いておりました。

 

鎌倉文学館と薔薇

 

鎌倉文学館は、1985年に旧前田侯爵鎌倉別邸を改築して設けられた木造3 階建ての洋館です。元々は1890年に侯爵前田利嗣の鎌倉別邸として建てられましたが、1910年に焼失。1936年に現在とほぼ同じ外観の洋館に全面改築されました。

鎌倉・由比ガ浜の海が望める高台の素敵な山荘です。

 

鎌倉文学館とバラ 

 

戦後の一時期、デンマーク公使や、ノーベル平和賞を(騙し?)取った佐藤栄作首相の別荘として使われていたそうです。

鎌倉文学館は、川端康成、夏目漱石、芥川龍之介、与謝野晶子といった鎌倉ゆかりの作家や文学者の原稿などの文学資料を収集保存して、展示しています。文学好きの方には特にお奨めの場所となっております。

薄明 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154181)」

いつもの山篭り先で見た夕暮れです。

 

薄明

 

鮮やかな夕焼け空はとても素敵ですが、こうした薄明のような夕暮れも情緒がありますね。

初収穫 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154181)」

山篭り先の畑に植えたピーマンの初収穫です。

 

初収穫

 

実はこのほかにミニトマトを3個収穫したのですが、写真を撮る前に私のお腹の中へと消えてしまいました(笑)。写真にはピーマンのほかにしし唐とバジル二枚が写っています。いずれも山篭り先の畑で収穫したものです。朝取りした野菜たちは、その晩のおかずとなりました。

綺麗な夕陽の翌日 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154181)」

素晴らしい夕陽を見た翌日の写真もご紹介しましょう。

 

翌朝

 

こんなに晴れ渡りました。きれいな夕焼けの翌日は、やはり晴れますね。

前日の夕陽を改めて時系列に並べておきますね。

 

天使の梯子

 

最初は天使の梯子です。

 

天使の梯子

 

そのうち太陽が姿を現し、輝きを増し・・・

 

夕陽

 

周囲の大気や海を真っ赤に染めていきます。

 

太陽の道

 

水平線の向こうに沈み始めると、辺りは紫色に包まれてきます。

 

夕陽

 

やがてあたりは、静寂と紫の世界へと変貌していきます。

 

夕陽

 

これで今回の夕陽シリーズは終わりです。

 

宇宙の美しき瞬間 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154181)」

もうお気づきだと思いますが、今週ご紹介した夕陽の写真はすべて、同じ場所から同じ日に撮影したものです。全部で二十枚ほど撮りました。その中でも特に気に入っているのは、次の写真でしょうか。

 

夕陽

 

太陽が宇宙空間に浮かぶ恒星であることを思い出させてくれる瞬間・・・私にはそう思えます。紫色に染まった大気に包まれて、とても落ち着いた感じがします。魂が生まれた故郷でも、このような夕陽が見えたのでしょうか。

今日から再び山篭りです。また素敵な夕陽や景色を探しに行ってきます。

天使の梯子 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154181)」

今日は、天使の梯子です。

 

天使の梯子

 

厚い雲間から光の階段が降りてきて・・・

 

天使の梯子

 

やがて、海面に溢れるように広がって行きました。

夕陽シリーズはもう少しだけ続きます。

太陽の道 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154181)」

今日も夕陽の写真です。

 

太陽の道

 

海の上に太陽の道が伸びています。

周りを赤く照らす巨大な蝋燭のようにも見えてしまいます。

夕陽の輝き 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154181)」

今日も夕陽の写真です。

 

夕陽

 

鮮烈な輝き、強烈なエネルギーを発していますね。巨大な生命体であるような感じがします。

そして、とても美しいですね。

この日も1時間ぐらい夕陽を眺めておりました。

海に沈む夕陽 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154181)」

久しぶりに見た海に沈む夕陽です。

 

夕陽

 

ちょうど水平線の雲が途切れていたので、まさに沈もうとしている太陽を撮影することができました。穏やかな紫の世界が広がっていますね。

紫陽花とクチナシ 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154181)」

紫陽花の季節となりました。

実家に咲いていた額紫陽花です。

 

額紫陽花

 

同じく実家に咲いていた紫陽花とクチナシ。

 

紫陽花とクチナシ

 

初夏に咲くクチナシは、早春のジンチョウゲ、秋の金木犀と並ぶ芳香花木ですね。クチナシの実が熟しても口を開かない(列開しない)ことから、このような名前になったとされています。

東京地方は今日も雨。もうすでに梅雨が始まったような感じです。 

山(温泉?)篭りのため、明日のブログからお休みします。

前田川と鴨とサクランボ 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154181)」

昨日紹介した大楠山へ登るには4つのコースがあります。衣笠、塚山・阿部倉、大楠芦名口、前田橋のコースですが、私は阿部倉側から登り、前田橋へと下りました。

前田橋コースは前田川に沿って登山道が続きます。その前田川です。

 

前田川

 

川の中に飛び石が置かれていて、そこを歩き渡るようになっているんですね。

川辺でお休みしていた鴨さん。

 

鴨

 

前田川を上流へと登っていくと、私の山篭り先があります。でも今は、途中で行き止まりになっているようです。

前田橋を下り、秋谷の海岸を歩いて、山篭り先へと帰ります。

山篭り先の山桜にはサクランボがたくさんなり、それが道端に落ちています。

 

さくらんぼ 

 

そのさくらんぼをツツジの葉の上に乗せて撮影しました。マッチ棒みたいですね。

大楠山からの風景 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154181)」

三浦半島最高峰の大楠山(241・3メートル)です。

 

大楠山

 

NTTの電波塔が建っています。このほか気象庁のレーダー雨量観測所も山頂近くにあります。

山頂の猫ちゃん。

 

猫

 

日陰でお休み中でした。

次は山頂にある展望台からの風景です。東京湾から房総半島、相模湾、江ノ島、丹沢山系まで360度見渡せ、もちろん空気が澄んでいれば富士山も望めます。

まずは東京湾方面。

 

東京湾

 

海上を行き交う船が見えています。横須賀の街並みも見えます。

こちらは葉山・江ノ島方面。

 

葉山・湘南国際村

 

私の山篭り先もこの辺りにあります。目を凝らすと、見慣れた建物が・・・!

山篭り先から大楠山まで歩いて90分ほどですが、かなり遠回りをしています。近道をすれば30分もあれば登れると思いますが、今は通行止めになっています。その山道が通れるようになれば、以前桜の名所としてご紹介した衣笠山方面へも楽に行けるようになります。

ヴェルニーの薔薇 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154181)」

山篭り先から歩いて1時間40分ほどのところにある横須賀・ヴェルニー公園の薔薇です。

 

ヴェルニーの薔薇

 

とてもお洒落な薔薇のテーブルですね。横須賀港を背景にして撮影しました。

山篭り先と棚田 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154181)」

山篭り先から歩いて下って30分ほどのところには、次のような風景が広がっています。

 

棚田

 

棚田ですね。のどかな風景です。私はこの道を下って横須賀まで90分で歩いてしまいます。葉山の御用邸までは、山篭り先から歩いて50分ほどです。もちろんバスも通っていますので、わざわざ私のように歩く人は少ないです(笑)。

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR