26日の日記

八月二二日の講演は大盛況でした。ありがとうございました。
スポンサーサイト

18日の日記

超古代ロマン講演会のご案内

来る8月22日(日)、大野郡宮村の飛騨位山文化交流館にて「『竹内文書の謎
を解く』著者 布施泰和」氏の講演会を開催します。
皆様お誘いあわせの上、ぜひお越しください。

演題 「失われた古代飛騨王朝」
~「位山巨石群」と「羽根ライン」へ~

講演要旨: 飛騨の霊峰位山を中心に、羽根という地名が東経一三七度一一分に
沿って日本海側(能登半島)から太平洋側(渥美半島)まで南北一直線に連なっ
ている。これが意図的に配置されたラインだとしたら、古代、位山地方を中心に
高度な測量技術や文化をもった集団、もしくは飛騨王朝が存在していた証拠とも
なりうるのではないか。その可能性を探るために飛騨の伝承や物証を検証してい
くうちに、古墳の設計にかかわっていたとされる土師一族や土岐一族、特殊な建
築技術を持った飛騨の匠、大和朝廷に抗った両面宿儺、巨石を加工・利用して天
文観測をしていたとみられる縄文人の存在が浮かび上がってくる。このラインを
作ったのは誰か。その目的は、狼煙や鏡などを使った情報通信ネットワークか、
それとも侵略してくる渡来人(鉄器を持った弥生人)との戦いにおける防衛線
だったのか。多角的に検証することにより、歴史から意図的に抹殺されたとみら
れる古代飛騨王朝の存在を浮き彫りにする。

講師 布施 泰和 (ふせ やすかず)

略歴 ジャーナリスト。1958年生まれ。国際基督教大学教養学部卒業後、8
2年に共同通信社に入社。富山支局、金融証券部、経済部記者などを経て、96
年に退社して渡米。ハーバード大学ケネディ行政大学院とジョンズ・ホプキンズ
大学高等国際問題研究大学院に学び、行政学修士号と国際公共政策学修士号をそ
れぞれ取得。専門は国際政治・経済とメディア論だが、世界の巨石遺構の探査も
ライフワークにしている。著書に『「竹内文書」の謎を解く』(成甲書房)、
『ジョン・F・ケネディ暗殺の動機』(近代文芸社)がある。

日時
平成16年8月22日(日) 13:00より
飛騨位山文化交流館 企画展示室
大野郡宮村3095
その他
入場無料 (事前の申し込みは不要です)

主催:岐阜県超古代文化研究会
共催:財団法人岐阜県産業文化振興事業団
後援:宮村

岐阜県超古代文化研究会事務局
岐阜市学園町3丁目42番地 未来会館
財団法人岐阜県産業文化振興事業団 地域文化研究所内 担当 稲原
TEL xxx-xxx-xxxxx 又は xxx-xxx-xxxxx FAX xxx-xxx-xxxxx

6日の日記

お知らせ:8月22日13時半~ 岐阜県大野郡宮村の飛騨位山文化交流館で講
演をします。演題は「失われた古代飛騨王朝」。詳細は058-296-089
0(岐阜県産業文化振興事業団)へ。

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR