アメリカ大統領選についての感想

私はジョンズホプキンス大学の大学院でアメリカ外交史を勉強していたこともあり、今回の米大統領選についての感想をよく聞かれます。何であのような暴言を吐く人種差別主義者が勝ったのか、と。

お答えしましょう。「最悪」と「極悪」が戦って、結局「最悪」が勝ったということです。

この「最悪」が勝つ条件というのものがあります。
ここからは架空の国の話ですから、真に受けないでくださいね。

A国の国民は、バカで傲慢で無知(無恥)だとします。
ここに二人の大統領候補が出馬しました。
一人は利口だが、傲慢で無知。
もう一人は利口で、やや傲慢で、そして知識があります。

A国の国民は、前者を選びました。
というのも、傲慢と無知で親近感を覚え、利口であることで自分たちではできないことをやってくれるのではないか、という期待が膨らんだからです。無知と傲慢さで失言を繰り返す最悪の候補でしたが、陰で陰謀をたくらむような極悪人には見えなかったということです。

これに対してもう一方の候補は、やや傲慢であるということ以外、まったく親近感がわきません。
自分たちとは全く異なる階級で、きっとずるがしこく我々を騙しながら、自分たちだけで私腹を肥やしていくのではないか、という疑念が広がります。実際、真実が明るみに出て都合が悪くなると、ロシアのせいにしたり検察のせいにしたりして、国民を煙に巻きます。もしかしたら、巨大マネーを背景にしてメディアを巻き込み、この上もない悪逆をやっているかもしれません。だから国民は選ばなかったわけです。

目を別の国に転じましょう。
B国の国民は、バカで謙虚で無知です。
その国の国民は、バカで傲慢で無知な首相を選びました。
バカで無知というところで親近感を覚え、その傲慢さで自分たちのできないことをやってくれるのではないか、という期待が膨らんだためです。
喜ばしいことに、その傲慢な首相は、次から次へとこれまでできなかったことをやってくれているわけです。

すべての政治は、意識的であれ、無意識的であれ、その国の国民が選んでいます。
その国のリーダーを見れば、その三分の二はその国民の性質を表わしているようなものです。
そのリーダーがバカで傲慢で無知であれば、それは少なくとも自分たちがバカで傲慢か、傲慢で無知か、あるいはバカで無知であることを示しています。

あなたの国のリーダーは一体どのような人なんでしょうね。
スポンサーサイト

ニクソンの「小間使い」が明かすJFK暗殺の真相

1972年のリチャード・ニクソン米大統領再選運動で暗躍した「ニクソンの汚い小間使い」とも言えるロジャー・ストーンがJFK暗殺事件等について書いた『ニクソンの秘密』という本を近々出すとメディアに紹介されていたので、これに少し触れておきましょう。彼は既に昨年『ケネディを殺した男』という本で、リンドン・ジョンソンがJFK暗殺の背後にいたと主張しています。

今回の本でもストーンは、リンドン・ジョンソンがJFK暗殺で動いていたと書いているようですが、その点を除けば、おおむね私の意見と一致します。特にニクソンがJFK暗殺事件の真相を知っており、それを使ってウォーターゲート事件を乗り切ろうとしたとストーンが主張している点は、その通りではないかと思っています。

2000年に出版された拙著『ジョン・F・ケネディ暗殺の動機』(近代文芸社)に、私はこのように書いています(〔〕内は文章がわかるように付け足した部分)。
「〔リチャード・ニクソンが〕ケネディ暗殺に直接関与したことを示す証拠は一切ない。ただ、〔CIAの〕キャンベル副長官らと親しかったことから間接的に真相を知っていた、もしくは真相に気付いてきた可能性が高い。ウォーターゲート事件で窮地に立ったとき、なおも政権延命を図り、その〔JFK暗殺事件の〕真相の一部を取引にしようとしたことも十分にあり得ることだ」

実際、ストーンによると、ニクソンはウォーターゲート事件発覚後、苦境を脱するためにCIAがJFK暗殺に関与していたことをばらすとCIAを脅したのだといいます。これに対してCIAは、自分たちの関与をばらされないようにニクソンを暗殺しようとまでしたとストーンは主張しています。

これは十分にありうる話です。とにかくCIAがJFK暗殺への関与をもみ消すために、真相を知ってしまったCIAベテラン局員コード・メイヤーの妻メアリー・メイヤーなど大勢を殺しているのはまず間違いありませんから。

結局ニクソンは暗殺されませんでしたが、ロバート・ケネディは殺されましたね。その辺のいきさつや、リンドン・ジョンソンがなぜJFK暗殺陰謀説を躍起になって打ち消したかの理由も拙著に書いてありますので、ご興味ある方はお読みください。

1972年6月20日にホワイトハウスで録音された、いわゆる「ニクソン・テープ」から、18分30秒分が秘密裏に消去されましたが、そこにJFK暗殺事件をめぐるCIAとニクソンの熾烈なやり取りが記録されていたのだと私は思っています。

JFK暗殺の実行犯とその背後の動機について 「あの本、おぼえてる?(828)」

先ほどまで日本テレビ系列の「モクスペ・JFKは俺が撃った!」で、JFK暗殺犯だとされるジェームズ・ファイルズの特集をやっていたので、JFK暗殺事件研究家として、一応コメントしておきましょう。

実は私が2000年5月に出した本『ジョン・F・ケネディ暗殺の動機』でも、グラスィ・ノールからニコレッティの部下だったファイルズがやったのではないかと推論しています(67ページ)。彼の証言は、マリタ・ロレンツやロバート・マローといった、JFK暗殺計画にかかわったCIA工作員の証言と矛盾していません。むしろ完全に補強しています。

今日の番組で特に面白かったのは、レミントン社のファイアボールというライフル銃で狙撃したとファイルズが証言していた点でしょうか。音声解析でも4発目がファイアボールの銃声と一致し、彼が噛んだという薬きょうが見つかったことから、それらは犯人しか知りえなかった事実であると見ていいのではないかと思います。

でも本当に面白いのは、番組では取り上げていませんでしたが、この暗殺の背景にある動機なんですけどね。それさえわかれば、実は実行犯が誰かなどたいした問題ではないのです。その動機をお知りになりたい方は、上に紹介した拙著をお読みいただければと存じます。絶版になっておりますが、どこかの図書館に置いてあると思います。

JFK

「知りすぎた男」の語らなかった真実

ついうっかり、エドゥアルド・ハワード・ハントの死亡記事を見落としていました。ハントは拙著『ジョン・F・ケネディ暗殺の動機』と『カストロが愛した女スパイ』でも取り上げた、悪名高い元CIA情報部員ですね。カストロ暗殺計画やピッグズ湾事件、ウォーターゲート事件に関与しただけでなく、ケネディ暗殺事件の実行犯を現場で指揮した可能性の強い人物です。

ハントは自著で、ケネディ暗殺の背後にはリンドン・ジョンソンがいたことを示唆していますが、私から見れば、ハントを含むCIAの関与を否定するための詭弁もいいとこです。CIA内部のケネディ暗殺グループは当初、キューバのフィデル・カストロのせいにしてキューバに武力行使しようとしましたが、米ソの全面対決に発展することを恐れたジョンソン大統領に「カストロ暗殺犯説」をもみ消されたことを逆恨みしていました。だから同じくウォータゲート事件で捕まった部下のフランク・スタージスらに「ジョンソンは共産主義者と通じている」などと吹聴させたのです。もちろん、ジョンソンは共産主義者と通じていることもなければ、ケネディ暗殺にも関与していません。そもそもジョンソンは愚鈍で、そのような玉ではありませんね。

ニクソン大統領から「ヤツは知りすぎている」と言われたハントは今月23日(米国現地時間)、結局真実を何も語らないまま、マイアミで死去しました。88歳。詳しくは、ニューヨークタイムズこちらをお読みください。

ピノチェトの死と闇の血脈 「今日の出来事(965996)」

恐怖の独裁者として悪名を馳せたアウグスト・ピノチェト元チリ大統領が死んだ。

南米の人にとっては忘れることのできない「もう一つの9・11」事件。1973年9月11日、民主的な選挙によって選ばれた左派アジェンデ政権を流血クーデターによって転覆した将軍がピノチェトである。同年から1990年まで続いたピノチェト軍事独裁政権下では、反政府勢力は次々と逮捕、拷問されなど粛清されていった。記録も残されずに抹殺された人は数千人に上るとされている。

CIAがクーデターや軍事独裁政権の裏で糸を引いていたことは公然の秘密だ。南米に左派政権をつくらせるわけにはいかなかったのだ。ピノチェトの盟友であったイギリスのマーガレット・サッチャーも同様な考えであった。

ピノチェトの政敵に対する弾圧は実に執拗だった。いわゆるコンドル作戦として知られている暗殺・粛清作戦をCIAの協力を得ながら展開したのである。その一例が、アジェンデ政権時代に外相を務めたレテリエルが1976年にアメリカの首都ワシントンで爆殺された事件である。その実行犯が、ケネディ暗殺に関与した疑いが強いCIA傘下の暗殺集団「オペレーション40」のノボ兄弟であるとみられている。時のCIA長官がジョージ・ブッシュ(父ブッシュ)であった。

ブッシュは1976年1月30日から翌77年1月20日までCIA長官職にあったが、この間にキューバの民間航空機が爆破され、乗客・乗員73名が亡くなるテロ事件が起きている。容疑者はやはり「オペレーション40」のオーランド・ボッシュだ。ブッシュ大統領時代の1990年に、テロ容疑者として国際的に指名手配を受けていたボッシュをアメリカにかくまった張本人がブッシュであることは、偶然ではあるまい。

フリーメーソンなど秘密結社が人類を闇から操ろうとしているかどうかは知らないが、表の顔である各国政府の目に見えない裏側で、あるグループの利益のために拷問、暗殺、テロ、謀略を好んで進める血脈のようなものが人類の歴史に流れているような気がしてならない。つまり、ピノチェトが死んでも、何も終わりはしないということである。

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR